書評

この世の成功の全てを担う力を身につける、『GRITやり抜く力』のレビュー

どうも、神山ケイです。

今回は久しぶりにオススメの本について書評を書きました。

タイトルは「GRITやり抜く力」です。

 

だいたいタイトルからして、続ける事の重要性とか

最後まで粘り強く頑張れ!といった内容になっているんだろうなー

と思いますが、読んでみるとかなり価値観が変わります。

 

・今まで目標を立てても達成できなかった人

・今まで挫折した経験がある人

・仕事や趣味で続けたいことがある人

 

は考え方が変わるし、勇気も貰えたりします。

 

 

ジャンルはビジネス書になりますが、

この本は読書をする人であれば

一生に一度は読んでおいた方が良い良書です。

 

 

書評でサクッと内容を把握して、買って読むべきどうか

吟味してみてください。

 

 

 

GRITとは何か?

 

本書のタイトルにもなっているGRITとは、

・情熱

・粘り強さ

のことを指します。

 

 

要はこの二つによってやり抜く力が決められるということです。

そして、このGRITの能力が高い人ほど

 

仕事であれば、大きな成功を収めることができたり、

アスリートであれば、厳しい訓練を乗り越えることができたり

子供であれば激しい受験戦争で生き残ることができりと

 

充実した結果を生み出すことができています。

 

 

まあ、「努力が大事だ!」という

どの本にも書いてあることと同じなのですが、

僕らはどうしても努力よりも才能に目が行ってしまう生き物です。

 

何か結果を残した人を見ると、

才能があったに違いない、恵まれた環境で育ったからだ

と自分の努力を棚に上げてしまいがちです。

 

しかし、本書では結果を出すためには

才能は要素の一つでしかないと断言しています

 

 

才能と結果は直結していないという話

 

本書には、様々なデータを元にして

才能と結果にはそれほど深い相関関係がなく

才能はそれほど重要ではない!と言っています。

 

「情熱」と「粘り強さ」を持つ人が結果を出す。

過酷な試練や困難を乗り越え、目的を達成する。

そのためにもっとも必要なのは、生まれ持った才能でも、頭の良さでもありません。

 「絶対にあきらめない」という態度です。

 

僕のような凡人だと、どうしても才能に目が行きがちです、、、苦笑

 

 

しかし、本書では

才能があってもやり抜く力があるとは限らないし、

やり抜く力こそが結果を左右すると言い切っています。

 

 

さらに本書では、成果に関する公式が出てきます。それが

スキル=才能×努力 達成=スキル×努力

つまり、達成や成果=才能×努力×努力

 

 

才能は確かに土台にはなるけれど、一番カギを握っていることは

努力だったりやり抜く力にあるよ

ということですね。

 

GRITを身につける方法

 

ここまではGRITとは何か?と

成果を成功を収めるには、努力が一番の要素だということでした。

 

では、GRIT(やり抜く力)を身につけるにはどうしたらいいのか?

 

それは至ってシンプルです。

1、興味⇒自分のしていることを心から楽しめるか?を大事にする

2,練習⇒昨日の自分よりも成長しているか?を逐一確認する

3、目的⇒自分の仕事や役割が重要だと確信する、揺るぎない目標をもつ

4,希望⇒困難にぶち当たっても、ひたすらに自分の道を歩み続ける

 

この4つの段階で、自分の中のやり抜く力が鍛えられて

物事を続けることができるようになります。

もっと詳しいことは本書に書いているので、ぜひ買って読んでみてください。

 

 

僕が一番大切だと感じたのは、実際にやり抜く力を発揮するときもそうですが

揺るぎない上位の目的を設定することです。

 

 

僕であえば、魅力を高めて人生を拡大する

という高い目標を掲げていますが、

目標を設定している以上は達成しないといけないと感じるし

一人でも多くの人を巻き込んで理想の世界を目指していきたいと思っています。

 

 

だから、本も毎日読むし、どうやったら上手く伝わるかな?

どうやったらもっと成長できるかな?と考えながら

過ごせているような気がします。

 

 

ダイエットであれば、痩せて異性が振り返るような魅力的な人間に近づく

スポーツであれば、プロになることを目指して日々の練習に打ちこむ

仕事であれば、将来独立してフリーランスとして働くために勉強をする

 

などなど

あなたがもし何か取り組み続けていきたい!と感じるモノがあれば

上位の揺るぎない目的を立てると良いかもしれないです。

 

 

補足:GRITともう一つの大切なこと

 

本書を読んでやり抜く力、「GRIT」が大事だ

ということが耳にタコができるくらい出てくるので

実際に読んでみればモチベーションも上がるのではないかと思います。

 

しかし、GRITともう一つ大事なことがあって

それが正しい方向で取り組んでいるか?ということです。

 

間違った方向に努力していても、

結果が達成されることを永遠にありえません。

 

 

僕もこのメディアを立ち上げるときには、

幾度となく失敗してきたし、

速読を学ぶときにも何度も効果の無いモノで騙されてきました。

 

その経験を活かして、このブログやメルマガを運営しているので

まあ良いかと思うようになりましたが

通らなくて良い道だったと今では思っています。

 

このブログを見てくれている人は、

成長意欲、行動意欲が高い人がほとんどだと思うので

本を通して実生活に活かしてくれると嬉しいし、

その役に少しでも立てればと思っています。

 

 

読書を通して成長したい方、

速読を学んで知識を身につけていきたい方

はぜひメルマガにも遊びに来てみてください。

お待ちしております。

 

ということで、今回はGRITやり抜く力のレビューでした!

ではでは!

 

1日20冊の読書を可能にした現実的な「速読法」

僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

以前は、まとめサイトやテレビで流れている薄い情報だけしか話せずに、

周りには「頭が悪い」「常識がない」 というレッテルを貼られ続けていました。

 

そんな僕が、速読法に出会ったことで

たくさんの本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

仕事、コミュニケーション、恋愛など全てにおいて

見違えるほどの成長を遂げることができました。

 

その経験から、才能なんてなくても

自分の知的好奇心の赴くままに本を読めば

誰でも人生を変えることができると本気で思っています。

 

僕は、もっと人間味溢れる魅力的な人になりたいし、

知的好奇心のままに本を読み、知識を操りながら

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界

一緒に目指していきたいと思います。

 

僕がどのように速読に取り組み

どのようにゼロからスキルを磨くことができたのか、

その過程を電子書籍にまとめています。

 

難しい言葉はほとんどなく、20分ほどで読めますし、

この書籍に出会ってから「人生が変わった!」と言ってくださる方もいます。

 

⇒”人生を拡大する読書法”を読んでみる

 

サクッと読める内容なので、もし興味があれば読んでみてください。

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

もし、この記事が役に立った!と思われたら

SNSなどでシェアをして頂けると嬉しいです。

自分で本を読まずに教えてもらうことのメリット・デメリットとは?前のページ

社会人こそ読書をするべき!?社会人が本を読まない理由と改善策の話次のページ

関連記事

  1. 書評

    【若者にぜひ読んで欲しい1冊】「死ぬこと以外かすり傷」のレビュー

    どうも、神山ケイです。今回は、「死ぬこと以外かすり傷」のレ…

  2. 書評

    速読は無意味?熱い読書観が語られる!『読書という荒野』のレビュー

    どうも、神山ケイです。最近、「読書という荒野」を読…

  3. 書評

    「なんでお店が儲からないのか僕が解決する」の大事な所だけをまとめてみたレビュー

    どうも、神山ケイです。今回は、堀江貴文著の「なんでお店が儲…

  4. 書評

    「思考の整理学」は難しい?個人的に厳選して要点をまとめてみた

    どうも、神山ケイです。最近読んだ、「思考の整理学」という本が良書だ…

  5. 書評

    「学問のすすめ」は意外と学問をすすめてこない

    どうも、神山ケイです。先日、福沢諭吉の学問のすすめを読んでみました…

  6. 書評

    【漫画版】君たちはどう生きるか?から学べることを厳選したレビュー

    どうも、こーせーです。今回は、【漫画版】君たちはどう生きる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

最近の記事

  1. 速読入門

    速読が夢を叶えるワケとは?
  2. 読書マインド

    読書が最高の投資である事実
  3. 読書マインド

    速読をすることによって見えてくる景色
  4. 書評

    「学問のすすめ」は意外と学問をすすめてこない
  5. 読書マインド

    自己啓発本が嫌いなのはなぜか?
PAGE TOP