プロフィール

じめまして、こんにちは。

神山ケイです。

 

 

僕は、「速読で魅力を高めて、人生を拡大する」

という理念を掲げて、メディアを立ち上げて

情報発信をしています。

 

 

 

今では、休日は図書館やカフェに籠もって

1日で20冊以上の本を読んだり

 

 

すきま時間にも数ページ本を読んだりして

ストレスを発散して

人生に役に立つ知識をドンドン吸収しています。

 

 

 

本を読むことで教養が深くなり、自分の発する言葉一つ一つが変わってきました。

速読も習得して磨き続けて読める本の絶対数は跳ね上がり、

人間的な魅力も上がっていっているように思います。

 

 

 

 

昔は、周りから「ポンコツ」「教養が無い」「常識知らず」

といったレッテルを貼られていましたが

今ではうって変わって”賢いキャラ”に変身できました。

 

 

 

 

そんな経験から僕にとって読書・速読とは、

「魅力を高めて、人生を拡大してくれるモノ」

だと本気で考えています。

 

 

 

 

読書をして速読を学ぶことによって、

多くの人の人生の良い方向に導いていきたい

一人でも多くの読書家を増やしていきたい

という思いで、このサイトを運営しています。

 

 

 

 

しかし、ながら、

昔は読書が嫌いでした。

小さい頃から、まったく本を読んできませんでした。

 

 

 

本が嫌いで仕方なかった過去

 

 

頭の良い人、周りの大人達から

「本を読みなさい」と言われ続けてきましたが

完全に無視して今まで生きてきました。

 

 

 

本を読むというか開くことさえも面倒くさくて、

どんどん本が嫌いになっていきました。

 

 

 

「本を読まないと成功することができない」

という事実が心の底ではわかっていましたが、

受け止めたくありませんでした。

 

 

 

 

そしていつしか、

「自分は特別な人間だ、本を読まなくても成功できるんだ!」

と強がっていました。

 

 

本を読まないので、ググったら出てくるような内容が薄い雑学を

自信満々にひけらかしていました。

 

 

 

しまいには、自分のことを「物知り」だと勘違いして

周りの人間は何もわかっていない、

意識が低い、わかっているのは自分だけだ

・・・・

 

 

なんて思い込んでいました。

 

 

 

 

今考えると、そうとうイタいやつです。

みんな表面上は感心して聞いてくれていたかも知れないですが、

心の底では馬鹿にされていたことでしょう。

 

 

当時はなんにも分かっていませんでしたが、

今は恥ずかしさで胸が一杯になります・・・。

 

 

何となくの肌感覚でも理屈でも、

教養や魅力に溢れている立派な人間になるには

本を読むことは逃げられないと

本心ではわかっていました。

 

 

が、しかし、

本を買って読んでみても、

読むスピードは遅いし、内容は全く理解できないし

 

 

4,5時間かけてようやく読み終わったのに

1日2日ほど経ってから本を開いてみても

内容なんてほとんど覚えていませんでした。

 

 

 

これでは意味がない、

なんのために読んでいるのかわからない・・・・

 

 

ドンドン本が嫌いになっていきました。

 

 

 

速読との出会い

 

 

そんな僕にも、人生における転機とっていも過言ではない出来事が起こります。

それが「速読法との出会い」です。

 

 

始めは、正直、怪しくて怪しくて仕方がありませんでした。

 

 

宗教じみたことやってるだけだろ・・・

どうせ目を速く動かす練習するだけだろ・・・

1日で20冊以上なんて読めるはずがない・・・

 

そんな風に考えていました。

 

 

しかし、一方で

 

速読ができたら、読める本の絶対数があがるかもしれない・・・

速読ができたら、教養が身について博識な人間になれるかもしれない・・・

速読ができたら、本が好きになれるかもしれない・・・

 

そんな期待を寄せていました。

 

 

 

「ポンコツ」「無教養」「常識がない」

といったレッテルを張られている自分を変えたい。

 

 

その一心で、ある速読法を試してみました。

 

 

 

 

すると、1冊に4時間も5時間もかかっていたものが

2時間、1時間・・・・と速く読めるようになっていきました。

 

 

 

内容も読んだ次の日には完全に脳内から消え去っていたのですが

1回のインプットでも内容を理解出来るようになり、

さらには、どんな内容だったのかを覚えることができるようになりました。

 

 

 

 

 

以前よりも、本は速く読めるし、内容はほとんど理解出来る。

まさに自分が理想とする読書ができるようになっていきました。

 

 

 

こうなると、読書をすることが面白くて面白くてたまらなくなります。

文字を追いかけて、作者と同じ思いにふける感覚

次のページが気になって、本をめくる手が止まらない感覚

・・・・・

 

 

 

速読法を学んだことで、読書家しか体験できないような感覚さえも

味わうことができるようになりました。

 

 

本が嫌いだったのに、今では1人の読書だと胸を張って言えます。

 

 

 

ただひとつ、僕が恵まれていたことは

「正しい速読法に出会った」ということです。

 

 

 

よく、速読は詐欺だと言われることがありますが、

それは”本質を押さえている正しい速読法”ではないからです。

 

 

 

何十万円という大金を払って高額塾に入ったのに

速読を学ぶどころか本が嫌いになってしまう。

 

文字を速く読めるようになっただけで、内容の理解は不十分になる。

 

 

これでは、速読を学ぶ意味がないと思います。

 

 

文字が速く読めるようになって読む本の絶対数があがり

さらには内容を理解できるようになる、

これができて、始めて速読を習得したということだと僕は考えています。

 

 

詐欺まがいのものと一緒にされたくないので言っておきますが、

速読には訓練は必要です。

 

 

一瞬で魔法のように本が読めるようになる、

なんてことはありえません。

 

それこそ詐欺です。

 

 

 

 

しかし、速読には才能がいらないのは本当であり

それは僕が身をもって体験しています。

 

 

自分の努力次第でどこまででもレベルを上げることができます。

僕も今のレベルからもっと成長するために

スキルを磨き続けていくつもりです。

 

 

ぜひ、正しい速読法を学んで、自分の人生を豊かにしてほしいと思っています。

 

 

 

新時代を生きるための”読書術”

 

 

今の時代は、調べたいことがあれば

検索エンジンに文字を打ち込むことができれば

1分もしないうちに知りたい内容が出てきます。

 

 

 

というか、自分で調べなくても

テレビをつければニュースや情報番組なんてたくさんあるし

TwitterやInstagramなんかは

こっちが頼んでもいないような情報を次々に持ってきます。

 

 

 

中には真実もあれば、そうでない情報もあるし

それを取り扱っているメディアの裏側なんかでも

大きな力が働いていたりします。

 

 

 

こうした、情報が溢れかえっている時代を

僕らは生き抜いていかないといけないんです。

 

 

そしてこの時代には、大きな危険があって

それが”知的好奇心が失われてしまう”ということです。

 

 

勝手に入ってくる情報で知的好奇心は

少しづつ少しづつですが低下していきます。

 

 

 

エサを与えられることに慣れた家畜が、

自然界に出るとあっという間に淘汰されるように、

 

 

「知りたい」という気持ちがなくなった人間は、

学ぶことを辞めて、誰かの言いなりでしか価値を発揮できずに、

今の社会では、じわりじわりとですが、下流へ流されていきます。

 

 

 

 

だから、自分から知識を得たいと思うこと、

「成長したいという気持ち」が重要だと思っていますし

そのための一番の手段が読書だと思っています。

 

 

 

こんな僕でも

読書をすることで、知的好奇心はいくらでも育ったし

情報におぼれることなく、踊らされることなく

自発的に行動できる人間になれました。

 

 

 

僕はまだ20代なので若い方や学生と話す機会が多くあります。

 

大学生は時間が社会人よりもあるから、

「人生の夏休み」なんて言われることもありますが

その時間を、読書に使い学びを得ている学生はかなりの少数です。

 

 

ほとんど人が、遊び、サークル、飲み会・・・etc 

に時間とお金をかけています。

 

 

社会人になると、もっと時間は少なくなるでしょう。

毎日、朝早くから仕事をして時には残業もして

クタクタで家に帰り、寝て起きるとすぐに会社に出勤する・・・。

 

 

みんなが忙しい日々を送っているからこそ

学びを得ていける人が頭一つや二つくらいは飛び出てくるし、

人一倍成果だって出すことができるでしょう。

 

 

 

しかし、ほとんどの人が安定した現状維持の人生を望んでいるし、

「夢を追いかける」といった人はかなり少ないです。

 

 

普通に就職して、そこそこ仕事をして、結婚して、子供育てて、老後を迎えて・・・

 

 

どう生きるのかという人生観はひとそれぞれだし

安定が一番の幸せと考えている人もいると思いますが

すべての人がその型にはまる必要はない気がします。

 

 

 

処理しきれないくらいに情報が氾濫しているから

情報におぼれてしまい流されてしまって、

多くの人が知的好奇心を失っていると思います。

 

僕も以前はその一人でした。

 

別に頑張ったって無駄でしょ??と。

 

 

だから、なんとなく諦めのついた生き方を望んでいるし、

もっと良い人生を知らないだけかもしれないのです。

 

 

 

僕は今では、もっと成長してきたいし、いろんな経験を積みたいし、

人間的な魅力を高めて、人生を拡大していきたいと思っています。

そして、学びに貪欲で情熱を秘めた人達に囲まれて生きていきたいです。

 

 

 

少し大げさに聞こえるかも知れませんが、

僕は速読に出会って人生が好転しました。

 

 

そしてこれを読んでいるあなたは、

少なくても周りの人と比べて成長への意識が高いです。

 

 

 

このブログやメルマガを読んで、少しでも変わっていただけたら嬉しいです。

そして、もしよければ、僕の発信している内容を読んで

読書法を習得してみてください。

 

 

これからも速読で魅力を高めて人生を拡大していくために

そして、一人でも多くの仲間を増やしていくために活動を続けていきます。

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

P.S.

 

ブログとは別に無料メルマガもやっています。

無料メルマガでは、理解度を高めたままで速く読み

成長していくための速読の話をしています。

 

 

読むだけでも読書スピードが上がってくるし、

1日5冊読むくらいのレベルには到達できます。

 

1日5冊読めたら考えていることが大きく変わってくるし

人生を変えるくらいのインパクトがあります。

 

 

また、メルマガ登録と一緒にプレゼントをお渡ししたり

メルマガ読者限定で企画をしたりしているので、

ぜひ興味があれば登録してみてくださいね。

 

 

⇒「人生を拡大する読書法」と無料メルマガ

 

 

今後ともよろしくお願いします。

 

  1. 読書マインド

    速読をすることの意外な効果とは?
  2. 読書マインド

    生涯にわたって本を長ーーーく読む秘訣
  3. 読書術

    語彙力を劇的に上げる秘密とは?
  4. 読書日記

    日本という格差社会を生き抜く方法
  5. 読書マインド

    ホークアイを身につけ超高速で本を読んでいく方法
PAGE TOP