読書マインド

【三日坊主の人は必見】読書を習慣化するコツ

どうも、神山ケイです。

 

読書によって自分磨きをしたり

何かの勉強を始めたりするときに一番の障害があって

それが「継続することができない」ことです。

 

多くの人が思っているはずだし

何かを続けようと思っても挫折した経験はあなたもあると思います。

 

今回は、読書だけでなく他の分野にも通じるような

三日坊主を克服する話をします。

 

 

三日坊主の原因

 

読書をするのが嫌い、活字が苦手だ、

という人にとっては本を読むことは中々難しく感じられるでしょう。

 

今まで普通に読書をしてきた人にとっては

本を速く読むということが難しく思われたり、中々理解されないのと同じです。

 

ただ単に数多くの本を読めば良いという訳ではありませんが

より多くの本を読んだ方が良いし、

数多くの本を読める人がみんな読書が習慣になっています。

 

まず、大前提として

「人間の行動の9割は習慣である」ということです。

 

9割と書いているのは大げさに言っているわけでもないし

むしろ99%に近い行動が習慣にあります。

 

 

要は、毎日同じことの繰り返しをしているということです。

 

今日は何をしたのか?を考えてもらうとわかるのですが、

あなたは何か新しいことをしましたか?

という問いに多くの人が、首を縦に振れないと思います。

 

 

なんでこんなにも習慣に支配されているのかというと

「脳は無意識的に楽を求めている」からです。

 

僕らの脳は基本的に変化を嫌い、

新しい事への挑戦をできるだけ避けようとします。

 

新しい事への挑戦は、エネルギーを消費するので疲れるし、

そんな疲れることよりも楽な方を選ぼうとします。

 

つまりは、習慣化できていないことをすると

かなりのエネルギーを消費するので、

やがて枯渇してしまって最終的に三日坊主で終わってしまうのです。

 

逆に、習慣化していることは、

脳の力を最小限にして行動する事ができます。

 

エネルギーが無駄に消費されないので、長く続けることができます。

 

例えば、何か語学の勉強をするときには

勉強をすることではなく、勉強を習慣化することにエネルギーが使われて

それがなくなると勉強をしなくなります。

 

 

しかも、これは脳の性質なので変えることは不可能です。

 

ここまで踏まえると、

いかにすべきこと、したいことを習慣化できるかが

読書や他の分野でカギになります。

 

で、脳が一番エネルギーを使う瞬間があって

それが「うわー今日もやらないと・・・。」と思っている、

その瞬間です。

 

ここで一番エネルギーを使っています。

 

 

電気代も一番コストがかかっているのは

電気を実際につけるときであり

付けたり消したりするなら、付けっぱなしの方が良かったりします。

 

他にも、自転車を漕いでいるときには

漕ぎ始めが一番しんどくて

スピードに乗ってくるとスイスイ進んで行きますよね。

 

読書もこれと全く同じロジックです。

 

一度でも本を読む習慣が付いてしまえば

膨大なエネルギーを消費しなくなり、苦労すること無く本を読むことができます。

 

この習慣があれば自然と本を読むスピードが速くなり

理解度も上がってくるし、知識が複利で増えていくので

今までと全く違う自分になれるのは当然です。

 

(ただ、正しい方法で速読をしているのが大前提ですが)

 

習慣化することができれば全て解決出来るのですが

新しいことをする時に、一番エネルギーを消費するので

なんだか矛盾していますよね。

 

でも、この解決方法はかなりシンプルです。

 

 

読書を習慣化するコツ

 

それは「習慣化することを習慣化すること」

「習慣化すること自体にエネルギーを使うこと」です。

 

要は、読書を毎日することです。

 

また矛盾しているように感じると思いますが、

毎日読書をしているから、次第に読書が習慣になっていくのです。

 

それ以外に、習慣化する方法はないです。

 

で、ここからが大事なポイントですが

「量と質を全く無視する」ことです。

 

例えば、1日1冊の本を読む!と決めたとしましょう。

 

これはあまりにもハードルが高すぎです。

 

今までしてこなかっただけでなく、ハードルが高いので

続けるモチベーションがなくなってしまいます。

 

だから、「とりあえず毎日本を開く・見る」で大丈夫です。

 

新しいことを始めるのだから、

それ自体にエネルギーを使うべきだし

他にも手を出しているとエネルギーがどんどんすり減っていきます。

 

そうではなく、始めは「質と量は気にせずにやる」ことです。

 

例えば、本を毎日1pだけ読むのであれば、

それが習慣になればエネルギーを使わずに本を開いて見るようになります。

毎日本が読めている!という自信にも繋がるでしょう。

 

次にすることは、

読んでいるページ数を増やしていくことです。

 

 

本を開いて読むことが習慣化しているので

同じ要領でやっていけば、

自然と1冊読み終える体力が身につきます。

 

あとは時間を増やしたり、本の冊数を増やしていき

質と量を求めていきます。

 

だから、まずは読書を習慣化する事です。

・質と量を気にせずに

・決めたルールを絶対に守る

の2つを意識してやれば

どんなことでも習慣化できます。

 

最近は、習慣化するための方法をまとめた本なんかもたくさんありますが、

すべてはこのロジックです。

 

 

各業界の中のスゴい人でも

「1日5分から始めた」という話もよく聞くし、

始めはそれくらいの低レベルで良いんです。

 

読書を習慣化するメリットは計り知れないので

ぜひ、今回のコツを意識して

毎日本を読むライフスタイルを手に入れてみてくださいね。

 

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    【必見】どうしても読書する時間がない人へ

    どうも、神山ケイです。僕は今でこそ、たくさんの本を読めるようになり…

  2. 読書日記

    文法と接続詞を速読に応用してみた

    どうも、神山ケイです。今回は、より本を速く読むため…

  3. 読書マインド

    1日1冊読書は実際にどうなの?? その効果についてまとめてみた

    どうも、神山ケイです。最近、長期の休みがあったので…

  4. 読書日記

    読書の効果を上げるワンポイントテクニック

    どうも、神山ケイです。読書をするときには、どういう…

  5. 読書日記

    日本という格差社会を生き抜く方法

    どうも、神山ケイです。僕らの住んでいる日本という国…

  6. 読書術

    速読における時間設定の効果とは??

    どうも、神山ケイです。今回は少し専門的というか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書マインド

    速読をすることの意外な効果とは?
  2. 読書日記

    読書量を上げる、超簡単な方法
  3. 読書マインド

    BGMが向いている人と効果的な読書BGMの条件
  4. 速読入門

    読書は本当に、机上の空論なのか?
  5. 読書マインド

    自己啓発本が嫌いなのはなぜか?
PAGE TOP