読書日記

読書をする時間を生み出すためのコツ

どうも、神山ケイです。

 

本を読むことが習慣になっていない人に

どうして読書をしないのか?と聞くと

多くの人が「時間がないから」と答えます。

 

 

実際に、社会人であれば月に本を3冊読むのは

上位10%だけであると言われてるくらいですし

世間では、読書=時間がかかってしまう、

というイメージが定着しています。

 

 

本当はそんなことなくて、

速読ができれば時間を気にせずに、

本をササッと軽やかに読むことができます。

 

 

速読を習得するかどうかは個人の判断なのですが

いずれにしても

読書が習慣になっているに超したことはないです。

 

 

そこで今回は、読書をする時間を生み出すための

時間術について話していきます。

 

 

本を読む時間を生み出す方法

 

始めに伝えておきますが、

ネット上に数多くあるブログの中から

このブログを訪れて、更にこの記事を読んでいるあなたは

”かなりの上昇志向”にあります。

 

 

もっと本が読めるようになりたい、

もっと読書を楽しみたい

資格試験や人生に活きるような読書をしたい

と潜在的にも思っている人が多いです。

 

本を読むのは良いことだと分かっているし

もっと多くの本を読めるようになりたいし

知識もモレなく吸収したいと思っているはずです。

 

 

でも、日々のやるべきことが多すぎて、本を読む時間がない

本を読んでいくモチベーションが続かない、

・・・・

様々な悩みを抱えていると思います。

 

 

結論から言いますが、

分かっているけれどやらないことを実践していくためのコツは、

「やるしかない仕組みを作ってしまうこと」にあります。

 

 

要は、やるしかない環境に自分自身を追い込んでおく方法です。

 

自分を追い込むと聞くと

ものすごくキツいイメージだと思いますが

実際にやってみるとそうでもありません。

 

 

ぜひ、これからの方法を実践して

本を読んで自分を磨く時間を作ってほしいと思います。

 

読書する時間を生み出す方法1

 

ここでは意図的に読書をする環境を作り出していきます。

やるべき事はかなりシンプルで

「あなたの机の上を本とノートだけにする」ことです。

 

あなたの机の上には、無駄なモノがたくさんありませんか?

以前の僕の机の上には、ゲームやテレビのリモコン、スマホ、パソコン、漫画、・・・・・

 

ありとあらゆる誘惑を生むものがたくさんありました。

 

 

そこで、まず何をしたのかというと

机の上を”本とノートだけにする”ことをしました。

 

なんでノートを置いているのかというと

読書中に浮かんだアイデアや発想、響いたフレーズを書き留めておくためです。

 

 

読書ノートの書き方なんかは人それぞれなので

自由で良いと思います。

ノートがなければスマホのメモ帳やEverNoteに書くのがオススメです。

 

 

 

要は、自分の誘惑を生むものをできるだけ排除して

したいこと、やるべき事にだけ目が行くようにしました。

 

 

その結果、どうなったのかというと

テレビはほぼ見なくなり、スマホを必要以上にいじることもなくなり

無駄にお菓子を食べることもなくなり

なにより本を通して自分を磨くための時間が増えました。

 

僕ら人間は目に入ったものには無意識的にも

注意を向けています。

 

「どうしようかなー、本を読もうかな?やっぱり辞めようかな?」と

誘惑と戦っているときに一番モチベーションが下がっています。

 

 

だから

誘惑するものは目に入らない場所に置く、

ものすごくシンプルですが、効果はあります。

 

読書する時間を生み出す方法2

 

次は「いつどこで本を読むかを決める」ことです。

 

この時間でこの場所で本を読む!と決めて

そこで少しでも良いから本を読んでいく方法です。

 

読む際には、前の日などに読む本を決めておくことも効果的です。

 

事前に決めているので、実際に読むときに

あれこれ悩むことなく、すぐに行動できるようになります。

 

 

僕は、午前中に机で

インプットとして本を読むように決めていました。

 

 

朝起きると、その日に読みたい本や読むべき本が書かれている紙を置いているので

すぐに手にとって、

本を読み始めることができます。

 

 

朝の時間が難しいのであれば、

「昼の○時からは会社のオフィスで必ず本を開いて読書をする」

と決めても良いし、時間や場所は問いません。

 

 

ちなみに

午前中の脳は起きた後なので、夜に比べてクリアになっているので

何か情報を入れたり勉強する時間にすると効果的なので

午前中をオススメしていますが、別に優劣はないと思っています。

 

 

大事なのは、いつやるのか?どこでやるのか?

を決めておいて、迷わずにササッとやってみることです。

 

 

人間は悩んでいるときにエネルギーを一番消費するので

迷うような状況を避けるためにも

ぜひ、大まかでも良いので「いつどこでやるのか?」を決めてみてください。

 

 

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    意外な読書の効果3選

    どうも、神山ケイです。近年、日本人の活字離れが進ん…

  2. 読書日記

    読書家が陥りやすい罠、あなたは大丈夫?

    どうも、神山ケイです。読書をしていると「一度読んだ本なんだ…

  3. 読書マインド

    自己啓発本が嫌いなのはなぜか?

    どうも、神山ケイです。「自己啓発本は、あまり好きで…

  4. 読書マインド

    みんなが読書をする理由は○○だった

    どうも、神山ケイです。以前、文化資本についてお話したと思います…

  5. 速読入門

    読書は本当に、机上の空論なのか?

    どうも、神山ケイです。読書をしない人の中には「…

  6. 読書日記

    日本という格差社会を生き抜く方法

    どうも、神山ケイです。僕らの住んでいる日本という国…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 速読入門

    サヴァンの天才達
  2. 読書日記

    文法と接続詞を速読に応用してみた
  3. 読書日記

    読書をするなら知っておきたい、たった一つの真実
  4. 読書術

    本を読むのが苦手な人必見!読書はもっと楽に考えて良い!!
  5. 速読入門

    読書は本当に、机上の空論なのか?
PAGE TOP