速読入門

みんなが知らない、速読本の価値の有無とは?

どうも、神山ケイです。

 

先日、読者の方に

速読本で速読はできるようになるのか?

といった質問をいただきました。

 

 

今でも書店に行くと、読書術や速読の訓練方法が書かれた本が

多く並べられています。

 

・右脳型読書

・フォーカ○リーディング

・フォ○リーディング

などなど

 

これらの本を読んで実践するだけで

本当に速読を習得できるのか?

 

これは僕個人の経験からですが、結論から言うと

「100%無理ではないが、難易度はものすごく高い」です。

 

 

速読本では、習得する難易度が跳ね上がる

 

速読の本でも習得できないことはないです。

今でこそ1日に数冊の本くらいは余裕で読める僕から見ると

確かに正しいことを言っている本もあります。

 

最近だと、速読をするためのトレーニング方法や

メカニズムを効果のある形で、書いている本もあります。

 

ただ、効果のイマイチ感じられない方法を紹介していることが多いです。

 

習得できないこともないですが、

自力でしかも速読本だけで習得しようとして

多くの人が「できなかった・・・」といって辞めてしまいます。

 

 

速読の本が書かれている本当の理由は○○

 

先ほども言いましたが、

速読の本の中には、信憑性に欠けたもの

再現性がないものも平気で入っています。

 

と言うのも、僕が速読の本に書かれている方法を試した過去があるからです。

何冊もの速読の本を買って地道に実践してみました

どれを試してみても上手くいきませんでした・・・。

 

 

もしもあなた自分にとって正しい方法の書かれた本を選んで

地道にコツコツと取り組んだら、習得できるかもしれません。

 

ただ、そんな良心的な本はほとんどないと思います。

(僕はほぼゼロだと思っています)

 

というのも、速読の本は

バックエンド商品を売るために作られている節があるからです。

 

ビジネスではフロントエンド、バックエンドという言葉がありますが、

それを使うと、本がフロントエンド、そしてバックエンドが教室の案内などです。

 

 

要は、本は興味を持たせるための媒体であり

本当に売りたいのは、一人から数十万円のお金を得ることができる

バックエンド商品です。

 

だから、実際に手に取ってみるとわかりますが、

本ではノウハウを小出しにしたり、洗脳で使われるテクニックだったり

バックエンド商品への導線が引かれています。

 

だから、速読の本はあくまで広告です。

 

一応、速読教室の運営側もビジネスでやっているので

ちゃんと利益を上げられなければ潰れてしまいますから。

 

純粋に効果のある速読の方法が書かれていることは

ほとんど無いと考えて良いです。

本当に効果のあるモノは教室で話しているはずですから。

 

ネットの教材と速読本はどっちが信用できるのか?

 

 

速読の教材には、オンライン上で取引されるモノもありますが

速読本とはどっちが信用できるのでしょうか?

一概には言えませんが、先ほどの仕組みが分かっていれば

信憑性は高いと言えます。

 

作る側としても情報を小出しにして

継続的に通わせるのを目的にした教室とは違って

 

ノウハウを小出しにする必要なんてないし、

洗脳して作者のことが大好きになってもらう必要も無いです。

 

 

紙の本は情報のアップデートに時間がかかりますが

ネットの教材は常に最先端の情報を手に入れることができるし、

サポート体制もしっかりしている場合が多いです。

 

あと、料金が速読教室よりは安いですね。

 

教室に通うと、数十万円単位でお金がなくなりますが

ネットの教材では、1~3万円、どんなに高くても5万円ほどで

10万円ほどのお金は飛んでいきません。

 

個人的には、速読をしっかり学びたいと言う人は

ネットの教材がオススメです。

 

 

速読を習得できる人の共通点とは?

 

本だけでも速読が習得できることはできると思いますが、

効果を感じにくいと思うし、

続けるとなるとかなり難しいところがあります。

 

もしも、本当にスキルとして習得したいのであれば

貴重なお金を払って学んだ方が

時間的なコストも浮くし、なにより本気になって取り組めるはずです。

 

もちろんネットの教材は、開けるまではどんな内容なのか見ることはできないので

不安や怪しさを感じるかも知れませんが、

販売してくれる人もことを調べれば間違いない選択ができると思います。

 

まとめ

 

今回は、速読本の効果について話していきました。

 

当たり前ですが、

・正しい方法に出会うこと

・実践すること

の両輪がかみ合って速読はできるようになります。

 

本で学ぶのか、ネットの教材で学ぶのか、教室に通うのか?

自分の財布と相談してから決めてほしいと思います。

 

 

では、今回はこんなところで!

 

1日20冊の読書を可能にした現実的な「速読法」

僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

以前は、まとめサイトやテレビで流れている薄い情報だけしか話せずに、

周りには「頭が悪い」「常識がない」 というレッテルを貼られ続けていました。

 

そんな僕が、速読法に出会ったことで

たくさんの本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

仕事、コミュニケーション、恋愛など全てにおいて

見違えるほどの成長を遂げることができました。

 

その経験から、才能なんてなくても

自分の知的好奇心の赴くままに本を読めば

誰でも人生を変えることができると本気で思っています。

 

僕は、もっと人間味溢れる魅力的な人になりたいし、

知的好奇心のままに本を読み、知識を操りながら

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界

一緒に目指していきたいと思います。

 

僕がどのように速読に取り組み

どのようにゼロからスキルを磨くことができたのか、

その過程を電子書籍にまとめています。

 

難しい言葉はほとんどなく、20分ほどで読めますし、

この書籍に出会ってから「人生が変わった!」と言ってくださる方もいます。

 

⇒”人生を拡大する読書法”を読んでみる

 

サクッと読める内容なので、もし興味があれば読んでみてください。

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

もし、この記事が役に立った!と思われたら

SNSなどでシェアをして頂けると嬉しいです。

速読は本当に資格試験に役に立つのか?前のページ

「思考の整理学」は難しい?個人的に厳選して要点をまとめてみた次のページ

関連記事

  1. 速読入門

    本嫌いがゼロから速読ができるまでのモチベの保ち方

    どうも、神山ケイです。多くの人が、読書ができない続かない、速読を学…

  2. 読書日記

    読書におけるスタミナ管理法

    どうも、神山ケイです。読書って、動かないからキツく…

  3. 読書マインド

    自分で本を読まずに教えてもらうことのメリット・デメリットとは?

    どうも、神山ケイです。最近、SNSで「本の内容なんて読んだ人に…

  4. 速読入門

    【みんなが意外と知らない】本を読む人読まない人の明確な違いを3つ紹介!

    どうも、神山ケイです。本を読む人読まない人の差はあ…

  5. 読書マインド

    カフェで読書をするべき3つの理由

    どうも、神山ケイです。読書をする環境というのは、かなり大切です。…

  6. 読書マインド

    速読をすることによって見えてくる景色

    どうも、神山ケイです。あなたは、たくさんの本を読ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

最近の記事

  1. 書評

    人生の勝算、著者が得たものはなにか??
  2. 読書マインド

    速読教室の真実とは??
  3. 読書マインド

    【閲覧注意】読書をしないと生きていけない話
  4. 読書術

    自分の「読書」を活かすことができていますか?
  5. 読書日記

    読書をするなら知っておきたい、たった一つの真実
PAGE TOP