読書マインド

自分で本を読まずに教えてもらうことのメリット・デメリットとは?

どうも、神山ケイです。

最近、SNSで

「本の内容なんて読んだ人に聞けばいいから、自分で本を読む時間は無駄だ」

という投稿を目にしました。

 

 

あなたは、この意見についてどう思うでしょうか?

・・・・・

 

もちろん人それぞれの読書に対する考え方がありますが、

読書に対する価値観や向き合方が変わるキッカケになれば

いいなと思っています。

 

では、いきましょう!

 

 

自分で本を読むメリット・デメリット

 

体系的に知識を身につけることができる

 

本を自分で読むことによって

「体系的な知識に変化しやすい」ことが上げられます。

 

僕ら人間の脳は、情報をできるだけつなげて

一つの塊として覚えるようにできています。

 

例えば、歴史の勉強なんかでも

年号をただ丸暗記するよりは、

流れで覚えた方がより長期にわたって記憶に残ります。

 

1753年にペリーが日本に来て、

1768年に明治維新が誕生して、1769年に大政奉還をした。

と覚えるよりも

 

ペリーがなぜ来たのか?どういったプロセスで明治維新が誕生して

大政奉還が起こったのか?という流れを意識した方が記憶に残ります。

 

一見すると、記憶の量が少し増えているので覚えにくいように感じますが

実際に取り組んでみると、比較的に長期にわたって記憶に残ります。

 

 

僕は大学受験の時にはセンター試験で日本史を受験しました。

受験の最初の頃は、断片的に知識を入れていただけだったでしたが、

 

流れを意識して学ぶことで記憶に深く刻まれて

直前でも、一気に点数を上げることができました。

 

 

勉強するにしても、読書するにしても記憶のメカニズムは同じです。

 

 

自分で本を読んでいると、これは仕事に活かせそうだな・・・

これを使えばもっと人間関係が上手くいくな・・・と

自分と結びつけながら体系的な知識として定着していきます。

 

そういった、”自分ごとのように入ってきた知識”

生涯にわたって残っていくあなたの財産になります。

 

 

 

本質を見極める力が付く

 

実際に本を読んでいる人は、

無意識的にも「どこが大事なのか?」を考えるようになります。

 

 

僕のような本を出版していない身で申し訳ないのですが、

どんなに優秀な本でも、

今のあなたにとって必要のない部分は必ずあります。

 

 

だから、いかにして必要なエッセンスを抜き出して

自分の仕事、人間関係、趣味などに活かすことは

大切な能力です。

 

 

読書をすることによって、人の話を聞くだけでは得られない

どこか大事な部分か?この問題のセンターピンはどこにあるのか?

といった訓練に繋がります。

 

 

本質がぶれていない人の話って不思議と説得力があるし、

大事な部分を押さえているので、

聞く方も興味をもって話に入ることができます。

 

 

本質を捉える能力を鍛えるには、読書は最高レベルの手段です。

 

 

普通の読書では時間がかかる

 

自力で本を読むことのデメリットは、

時間がかかってしまうことですよね。

 

多くの人がしている普通の読書では、1冊に3時間も4時間もかかってしまうので

いくらやる気があって、集中力に自信があっても

途中で力尽きてしまいます。

 

人間は本能的に楽をしたい生き物なので、

そんなにエネルギーを使うような行為は避けるようにできています。

 

 

以前の僕も、

「本を読みたいし、なんとなく読むべき理由は分かっているけど

時間がかかりすぎる・・・」

と頭を悩ませていました。

 

 

それを解決するために速読を学んだし、

実際に効果を感じたので、僕と似たような経験をしている人に届くように

こうして情報発信をしています。

 

 

もしかしたら、”読書=時間がかかる”というイメージがあるのかも知れませんが

速読を使って本を速く読めるようになったら

時間を気にする心配がほぼ無くなります。

 

 

時間がない・・・と悩む人は、速読を学んでみると

また違う世界が見れるようになると思いますよ!

 

 

 

人に教えてもらうことのメリット・デメリット

 

 

短時間で知識を手に入れる

 

自分で本を読まずに、人に教えてもらうことのメリットは

比較的短時間で知識を得られることです。

 

どんな人に教えてもらうかで、事態は大きく変わってきますが、

自分で読書をするよりも労力はかなり少ないです。

 

だって、人の話を聞いて、「そんなんだー」

と相づちを打つだけで良いのですからね。

 

もちろん人の内容を聞くことで、

新たな分野や隠れた名著を見つけることに繋がるのかも知れません。

 

僕も、実際に内容を聞いてから、本を買って読んだこともあります。

 

 

がしかし、人の話をただ聞くだけで

本を読んだ気になっているのであれば、

それは大きな落とし穴にハマっているように思います。

 

 

確かに人から話を聞くことは即効性があるのはあるのですが、

自分の生活やキャリアに活かすことができる知識を得られるか?

生涯にわたって色あせない財産を手に入れることができるのか?

と考えると、少し疑問です。

 

 

 

ネットの情報とほとんど変わらない

 

僕は、人の話を聞くだけで本を読まないことは

ネットの情報を鵜呑みにしていることをあまり変わらないと思います。

 

ネットの情報を良くも悪くも断片的なので

情報どうしの繋がりはほぼ感じられません。

 

しかも、誰が書いたのかわからない情報もあるので

信憑性に欠けるのは明らかです。

 

それどころか、適当に見聞きした知識を

自慢げに話すだけの薄っぺらい”ちょっとイタいやつ”に

思われる可能性もあります。

 

まあ、僕がそうだったのですが・・・苦笑

 

 

だから、人の話を鵜呑みにするのでは無く、

自分で本を読むことからスタートして、

読書する習慣を付けて欲しいなと思います。

 

まとめ

 

今回は、自分で本を読まずに教えてもらうことのメリット・デメリット

についてでした。

まとめると、

・話を聞くだけは即効性はあるが、断片的でネットの情報と大差がないことが多い

・読書をすることによって得られる知識は、体系的であり、長期保存されやすい

でした。

 

ぜひ、この記事を読んで、読書や速読に興味をもって貰えたら嬉しいです。

 

もっと効率良く本を読んでいく方法や

読書を習慣にする方法などを無料メルマガを通して発信しています。

⇒神山ケイの公式無料メルマガ

 

読書観は変わると思うし、今ならプレゼントもお配りしているので

興味のあるかたは、ぜひぜひ。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

速読で知識を操りながら人生を拡大しませんか?

僕は、「速読を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、知識も教養もほぼゼロ。


情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で学び始めたのが、速読でした。

 

速読を学んだことで読書をするようになり、

こんな僕でも、たくさんの本を読むことを通して、

 

多くの価値観に触れることができたし、

今では、その経験を活かして情報発信をしています。

 

単に速く読むだけの速読には意味はなく、

読書の効果を最大化しつつ人生に活かすことに意味があり

それが、僕が速読をしている理由です。

 

僕が目指すのは、単に本が速く読めるようになっただけの速読で

薄い読書をするような人間ではなく、

 

本から最大限の学びを吸収しながら、知識を操り、自分の魅力を高めて、

圧倒的スピードで成長していける人間です。

 

だから、本を速く読めるようになることはあくまでも通過点に過ぎません。

 

知的好奇心のままに本を読み、

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界を

一緒に目指していきたいと思います。

速読で知識を操りながら人生の拡大を目指す、神山ケイの理念

 

僕がどのように速読に取り組み、

どうやってゼロからスキルを磨くことができたのか、

 

ほぼほぼ訓練なしで、あっという間に速読を習得できた秘密などを

限定メルマガorLINEを通して、余すことなく話しています。

今なら限定で、電子書籍もプレゼントしています。

 

⇒電子書籍「人生を拡大する読書法」を無料で読んでみる

 

もし、今回の記事が役に立った!と思ったら

あなたのSNSでシェアして頂けると嬉しいです。

(下記のボタンから簡単にシェアできます)

 

僕があっという間に速読を習得することができた秘密は、下記の電子書籍で公開中

1日20冊を読んだ読書家が語る、速読を学ぶ意味と必要性の話前のページ

この世の成功の全てを担う力を身につける、『GRITやり抜く力』のレビュー次のページ

関連記事

  1. 読書日記

    読書をする時間を生み出すためのコツ

    どうも、神山ケイです。本を読むことが習慣になってい…

  2. 読書マインド

    【自己啓発】最強の成功法則

    どうも、神山ケイです。前回の記事で紹介したワークはやってみたでしょ…

  3. 読書日記

    読書におけるスタミナ管理法

    どうも、神山ケイです。読書って、動かないからキツく…

  4. 読書マインド

    速読をすることの意外な効果とは?

    どうも、神山ケイです。今日は速読をすることによ…

  5. 読書マインド

    読書家が本を読むことを辞めない「たった1つの理由」

    どうも、神山ケイです。以前、文化資本についてお話したと思います…

  6. 速読入門

    速読の歴史とルーツを紐解いてみた話

    どうも、神山ケイです。今回は速読のルーツと、その歴…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ゼロから速読を習得したプロセスを話しています

電子書籍「人生を拡大する読書法」

 

僕がなぜ速読を学び、
読書ライフや人生がどう変わったのか?
速読を習得する上で大切なこと、
すぐに読書スピードを倍にする速読法など

 

 

僕が読書経験ほぼゼロの状態から、
速読を習得したプロセスを書いています。

 

 

速読学びたいけど、何をしたらいいか分からない!とか
効果のある方法で学びたい!という方は
ぜひ、読んでみてください。

 

⇒無料で電子書籍を読んでみる

 

 

オススメ記事

  1. 書評

    「なんでお店が儲からないのか僕が解決する」の大事な所だけをまとめてみたレビュー
  2. 未分類

    速読を人生に活かし、「知識を操り、人生の拡大」を目指す神山ケイの理念
  3. 読書マインド

    読書をするための最強の動機
  4. 書評

    チーズはどこに消えたに学ぶ「変化とは○○である」
  5. 書評

    「自分の中に毒を持て」の感想と岡本太郎から学ぶ生き様
PAGE TOP