書評

チーズはどこに消えたに学ぶ「変化とは○○である」

どうも、神山ケイです。

先日、スペンサー・ジョンソン氏の「チーズはどこに消えた?」を読みました。

かつてベストセラーであり、最近になって再び脚光を浴びています。

 

 

書店でたまたま見かけたので、手にとって読んでみました。

 

 

 

 

著者のスペンサー・ジョンソン氏は、心理学者、医学博士であり様々な大学や研究機関の顧問を務め、さらには執筆活動もしています。

その功績から、ハーバード・ビジネス・スクールの会員にも選ばれています。

かなりの高学歴であり、かなり優秀な人物ですね・・・。

 

 

 

これだけを見るとかなり優秀な人物なので、この本難しいかも?と思ったかもしれないですが、

実際の本は、100pほどでかなり読みやすく1時間ほどで読み終わる感じでした。

忙しい人でも読める量ですし、短いですが色々考えされられる1冊です。

 

 

 

あらすじ的には、

2匹のねずみと2人の小人がいて、彼らは迷路の中のチーズを食べることで生活をしていました。

彼らはチーズを発見して、その状態に満足する生活がつづいていました。しかし、ある日そのチーズがなくなっていまいました。

これが起こると、ねずみたちは急いでその場を離れてチーズを捜す旅に出て行きました。

対して、小人たちは最初は旅にでるのをためらっていました。毎日無くなったチーズの跡地にいたわけです。

それからしばらくして1人がチーズを捜す旅に出ることを決心します。そして、彼らは最終的にはよりたくさんのチーズを見つけることができましたとさ。

めでたし、めでたし。

 

 

みたいなストーリーで終わる、単純な内容です。

が、しかし

この話の中には重要な教訓が隠されていて、それがこの物語が評価されベストセラーにまで上り詰めた所以でもあります。

 

 

 

というわけで、この本に出てくる教訓を早速ですが、まとめてみました。

変化は起きる
チーズは常に持っていかれ、消える

 

変化を予期せよ
チーズが消えることに備えよ

 

変化を探知せよ
常にチーズの匂いをかいでいれば、古くなったのに気がつく

 

変化にすばやく適応せよ
古いチーズをあきらめれば、それだけ早くチーズを楽しむことができる

 

変わろう
チーズと一緒に前進しよう

 

変化を楽しもう
冒険を十分に味わい、新しいチーズの味を楽しもう

 

進んで素早くかわり、再びそれを楽しもう
チーズは常にもっていかれる

 

 

 

結論としては、「人生において変化することは当たり前だ。大事なのは状況に合わせていくことだ。」

という、ものすごーく当たり前のことですが、多くの人が見落としている部分を

を2匹のねずみと2人の小人の物語を通して語っています。

 

 

 

今の自分の状況に満足できずに「自分を変えたい!」と感じている人は多いと思うし、

僕のそういった意味では常に成長していたいので一緒じゃないかなと。

 

 

 

 

 

本書の中には、さらに主張の核の部分のように感じるセリフがあります。

 

「ねえ、ヘム、物事は変わることがあるし、決して同じことにはならない。

あのころと一緒だよ、ヘム。それが人生だ!人生は進んでいく。僕らも進まなくてはならない」

 

これは本当にごもっともな意見で、

「昨日と比べて、今日は何かの変化が起きていないといけない」ですね。

 

 

 

 

しかし、現実はこの物語のようにハッピーエンドで終わるとはかぎらないです。

変化し続けるだけでは僕はいけないと感じていて、

自分で考えて選択しながら変化していくことが求められるような気がします。

 

 

 

で、さらにいうと僕の中で「変化=成長」と捉えています。

僕は、変化していく上で成長していかないと意味が無いと考えています。

 

・ブログを書く

・今後の戦略を考える

・本を読む

 

以前の、なにも考えずにテレビ見たり、

ケータイをいじったりゲームをしていた頃の僕にはなかったような変化が起きていて、

その過程で確実に成長もできています。

 

 

 

僕はこれからも今が人生の最高潮だと自負できるようにしていくし、

そうでないと人生を生きている意味が無いと考えています。

 

 

 

誰でも人生をよくしたいから、本を読んだり人にあったり、資格を取ったり、何かに打ち込んだりするわけですが、

中々長く続けることができない。

やっぱりテレビをダラダラ見たり、ケータイを意味もなくいじくったりしていまいがちです。

 

 

 

だから、良い方向に向けて変化してくこと(成長)を僕は掲げています。

 

 

 

人によって違ってくると思います。

仕事を頑張るかもしれないし、容姿を磨くことかもしれないし、勉強することかもしれないし、

対人スキルを高めることかも知れない。

なんでもいいので、自分が変化を起こしたい分野で「成長」を毎日続けていく、積み重ねていくことが大切だと僕は考えています。

 

 

僕個人で考えると、本を読んだり、勉強をしたり、ブログ書いたり、自分を磨いていっています。

その過程で、思考が洗練されていくから単純に過去の僕よりは頭は良いし、

本で得られた知識とかブログも資産になってくれます。

 

 

で、僕が大事にしていて自問自答している質問があります。

それが「昨日の自分よりも今日の自分は成長したのか?」

というものです。

 

 

情報発信者は常に成長してナンボだと思っているし、成長するから多くの人の役に立つし

自分のできる範囲も少しづつ少しづつ広がっていきます。

そういった成長の輪をドンドン僕から発信していって、バタフライエフェクトのように広がってくれたら嬉しいです。

 

 

あなたも常に成長しているのか、自分に問いかけて日々の生活を過ごして欲しいなーと思います。

 

今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございます。

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 書評

    【若者にぜひ読んで欲しい1冊】「死ぬこと以外かすり傷」のレビュー

    どうも、神山ケイです。今回は、「死ぬこと以外かすり傷」のレ…

  2. 書評

    【書評】 お金2.0

    どうも、神山ケイです。今回はお金2.0という本の書評をして…

  3. 書評

    レバレッジリーディングが素晴らしかったのでレビューしてみた話

    どうも、神山ケイです。最近、書店で「レバレッジリーディング」という…

  4. 書評

    「最強の食べ方」がなんで最強なのか考えてみたレビュー

    どうも、神山ケイです。今回は「最強の食事法」の書評をしてい…

  5. 書評

    「学問のすすめ」は意外と学問をすすめてこない

    どうも、神山ケイです。先日、福沢諭吉の学問のすすめを読んでみました…

  6. 書評

    「ユダヤ人大富豪の教え」を大事なところだけまとめてみた件

    どうも、神山ケイです。今回は、「ユダヤ人大富豪の教え」を読んでみた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書術

    読書であなたの語彙力リミッターを外す
  2. 読書日記

    大学生が本を読むべき3つの理由
  3. 読書日記

    文法と接続詞を速読に応用してみた
  4. 書評

    【書評】破天荒フェニックス 経営者はなにを考えているのか
  5. 読書術

    読み飛ばしの知られざるメリットとは?
PAGE TOP