速読入門

速読を習得するためのシンプルな条件を考えてみた

どうも、神山ケイです。

 

 

世間一般には、「速読」というスキルは

胡散臭く感じたり、一部の天才だけが手に入れることができるような

特殊能力だと思っている人は多いと思います。

 

 

 

、それは大きな誤解です。

 

 

間違った方向に進むことがなければ、誰でも習得することができます。

 

 

訓練次第では、それこそメディアを賑わせた

ペラペラとページをめくるだけで本を一瞬で読むという芸当すら可能です。

 

 

僕は、元々活字が苦手で、

本1冊読むのに4時間とか5時間かかるときもありました。

 

でも今は、僕も周りから見るとページをめくるだけで内容が入ってくるし

それだけでグングンと加速度的に読書を楽しむことができます。

 

 

1日10冊読むことも苦ではなくなります。

 

 

 

なんにも才能が無かった僕でも、ただ一つだけ恵まれていたモノがあって

それは、正しい速読法に出会うことができたからです。

 

 

間違った速読法を実践したところで

早く読めることは、一生ないでしょう。

 

 

というか、本の内容の表面的なところだけを適当に吸収して

インターネットで情報を探すのとなんら変わらない

浅い知識ばかりが積み重なっていくでしょう。

 

 

こうなると、せっかく本を読んでいる意味がなくなってしまいます。

 

 

そうならないためにも、

正しい速読法を学んで欲しいと思います。

 

 

と言うことで、本題の

”速読を習得するためのシンプルな条件”についてです。

 

 

速読の定義

 

まず、そもそも速読とは何を指すのかをお話したいと思います。

 

一般的な「速読」とは

・読書のスピードを上げて読んでいく

スキルのことです。

 

ただ読書のスピードは個人個人によって違ってくるし、

人によって目指しているの読書スピードというものも違ってきます。

 

 

どの段階から速読ができた!といった境界線はないので

速読の定義自体がかなり広い意味で使われています。

(かなり広義的なので詐欺まがいの方法が横行したりするのですが・・・)

 

 

 

とりあえず、巷で言われている速読の定義は

「本を速く読む」ことに集約されると思います。

 

 

しかし、僕の最終目標は、

目の動きを良くしたりして、読書のスピードをあげるだけ

ではありません。

 

これだと、いくら速読を学んでも内容を理解することなんてできないし

ましてや人生に活かすこととはかけ離れてしまいます。

 

 

僕の中では、本を速く読むことは通過点にすぎないし

もはや速く読めるのは当たり前です。

正しい方法を学べば誰でもできるのでね。

 

 

僕の目指しているところは、

本を速く読みながらも、得た知識を人生に活かせる人を増やす

つまり、

知識を武器にしてこれからの時代を戦っていける人を増やすところにあります。

 

 

読書をする、とりわけ本を速く読むというスキルを通して

この世の知恵や知識を自分のモノにして

これからの人生を有利に進めてほしいし、僕もそういう人間でありたい。

 

 

だから、僕の中の速読の定義は

本を速く読めるようになるのは大前提であり

「魅力を高めて、人生を拡大する」ことです。

 

 

 

ここまで聞いて、なんだか

普通の人間にはできないような芸当だと感じた人もいるかも知れませんが、

偏差値30台の高校に通っていた僕でもできた方法です。

 

 

学んで実践していけば、誰でもできるようになるはずです。

 

 

ただ、良いスキルを手に入れられる人の条件というものもあるので

紹介します。

 

 

速読は脳の力をMAXに引き出す

 

 

速読では、脳の力を最大限にまで引っ張り出します。

 

言葉でいうと簡単ですが、

これが一番難しいところでもあります。

 

ただ、コツさえ掴んでしまえばこっちのものです。

 

 

 

火事場の馬鹿力という言葉にもあるように

普通なら考えられないようなことでも

脳のリミットを解除することができれば、十分可能になります。

 

 

 

ちなみに速読のときは、脳の力を100%もしくは、70%程度引き出していると言われています。

これだけできれば、一瞬でページを読むという

天才のような芸当をすることもできるんです。

 

 

 

例えば、高校生クイズなんかでも

「教科書の端に書いてあった」というだけで覚えていたりと

見たモノを全部覚えているような子が出てきます。

 

 

 

普通の人なら「この人、スゴいなー」で終わりですが、

ちゃんと理屈があります。

 

 

これがわかれば、あなたの速読のスキル向上に繋がるとおもうので

その理由を説明していきますね。

 

 

政治家や学者、その他の天才と言われる人達に

共通している事は『自信』です。

 

 

彼らは自信に満ちあふれています。

 

 

自分にはできると心の底から、少しの陰りもなく思っていて

これが脳の力をフル活用させているんです。

 

 

というもの

 

この能力が使えるか使えないかを決めるのは

脳のブロックをどれだけ外すことができるかに委ねられているからです。

 

 

脳のブロックとは、具体的には

 

・自分に速読なんてできない

・何年、何十年という長い期間訓練しないとできない

・内容を見ただけで理解するみたいなことはできない

 

 

といった心理的なブレーキのことです。

 

 

この考えをもっている間は、

どんなに優秀な訓練をしても速読を習得することはないですし

できたとしても、何年先になるかはわかりません。

 

 

 

何事もそうですが、できないと思っていると本当にできないです。

「なんだよ精神論かよ!」

という言葉が聞こえてきそうですが、かなり大事なので伝えています。

 

 

だから、まずは「速読はできない」という考え方を払拭することから始めてみてください。

これができて、ノウハウやテクニックが生きてきます。

 

 

 

ブロックを外すことは中々難しいことですが、

僕のブログやメルマガを読んでもらえれば普通の人よりは

速く本が読めるようになるはずです。

 

 

 

つまり、あなたがやることはただ一つ

「脳のブロックを外す」こと。

 

そのための船と航路は僕が準備しているので

ぜひ、一緒に乗り込んでいきましょう!

 

 

 

今回は、こんなところで。

ではでは!

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 速読入門

    読書は本当に、机上の空論なのか?

    どうも、神山ケイです。読書をしない人の中には「…

  2. 速読脳

    速読をマスターするなら知っておくべき、右脳と左脳の速読術

    どうも、神山ケイです。今回は速読のスキルについて話していくのですが…

  3. 読書日記

    読書をするなら知っておきたい、たった一つの真実

    情報をたくさん処理すると、脳は疲れる・・・あなたは…

  4. 速読入門

    【公開】速読の正しいやり方とは?

    どうも、神山ケイです。速読には様々なテクニックが存…

  5. 読書術

    速読における時間設定の効果とは??

    どうも、神山ケイです。今回は少し専門的というか…

  6. 速読入門

    速読なんて不可能という人へ

    どうも、神山ケイです。僕は、これま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書マインド

    【三日坊主の人は必見】読書を習慣化するコツ
  2. 書評

    【若者にぜひ読んで欲しい1冊】「死ぬこと以外かすり傷」のレビュー
  3. 未分類

    速読の効果的なトレーニングとは?
  4. 書評

    『嫌われる勇気』を読んで人間関係シンプルになった話
  5. 読書マインド

    速読のマインドセット:本を読むほどスピードが増す
PAGE TOP