速読入門

【公開】速読の正しいやり方とは?

どうも、神山ケイです。

 

速読には様々なテクニックが存在していて、

やり方に関しても色々あって

まさに千差万別です。

 

 

目をグリグリ動かして読む速読や

本の適切な部分を見抜いてそこだけを読んでいく速読、

脳のブロックを外して読んでいく速読、

などなどあります。

 

 

 

色んなやり方があり、それぞれに

具体的な方法が存在しています。

 

そして、それらを組み合わせることで

より効果的にスピードを上げて本を読むことが出来るんです。

 

 

しかし、このときに間違った方法を同士を組み合わせると

遅くなるどころか、肝心の理解度を下げる結果になります。

 

 

例えば、先ほどの

「目をグリグリ動かす速読法」と

「本の主張を抜き取って読む方法」を組み合わせても

注意力が散漫になって、本の内容を理解することができません。

 

 

さらに言えば、速読のスキルは非常に魅力的ですが

一方で間違った方法が普通に横行している

魔の巣窟のような世界でもあります。

 

だから、そもそもの速読の本質を教えてくれる人が少ないし

誰から学ぶかが最も大切と言っても過言ではないです。

 

 

だからこの記事では、速読の本質について話していき、

実際にあなたが速読を学ぶときの参考にしてもらえればいいなと思っています。

 

 

まず、正しい組み合わせとしては、

「一定のスピードで本を読みつつ、内容を理解する」

というものです。

 

 

 

この組み合わせでより速く本を読むことができ、

それこそ1ページで数秒で読んだり、

1冊の本を数十分で読み終えてしまいます。

 

 

 

この認識を間違っていると

「速読=超能力」

「速読は詐欺だ!」

という印象が出てきてしまいます。

 

先ほども言ったとおり速読の業界は混沌としていて、

実際に詐欺まがいのモノや教室があるので

仕方ないと言えば仕方ないですが・・・。

 

 

 

だから、まずは速読に対する正しい認識を持ってください。

と同時にこれが速読習得の第一歩です。

 

 

本を一瞬で読んでしまうような達人レベルの人には

同じような考え方があるので、

その考え方を取り入れることが大事です。

 

 

 

速読の正しい認識

 

速読は、

正しい方法で練習していけば

才能に関わらずに誰でも習得できます。

 

「本当に自分にもできるのか・・・?」

という疑問をもって訓練していても

習得するのは難しいです。

 

 

なぜなら、速読をする上で

普段の読書とは違うような、

すこし常識から外れたような読み方をするからです。

 

 

具体的に言うと

・斜めに読んでいく

・特殊な目の動かし方をする

といったものです。

 

ただ、これで出来るのか?という気持ちにもなると

イマイチ本の内容を理解することができません。

 

 

だから疑心暗鬼になって、思い切りがなくなり

速読をすることができないという結果になり得ます。

 

それではせっかく読書をしているのにもったいないので、

「速読は必ず出来るようになる!」

という気持ちは持ち続けて欲しいです。

 

 

 

速読は訓練の賜物

 

速読はスポーツと同じで、

練習しないと習得することは不可能です。

 

 

「やり方を学べば、簡単にできる!」

 

 

という認識の人が多いのですが、これは大きな誤解です。

 

しっかりと理論を学んで、その理論のもとで

さらに訓練をすることで、初めて速読をすることができます。

 

 

最低でも1週間は訓練するべきですし、

速読を使って10冊以上は読まないと

おそらくスキルが定着しないと思います。

 

 

一番大事なのは、「速読を使って本を読んでみる」という部分です。

 

 

この”訓練”と”読書”を

切り分けて考えるのではなく、同じだと考えてください。

 

つまり、訓練=読書であり、読書=訓練になるんです。

 

 

読書だけでも、訓練だけでもダメです。

両者の歯車を回ってこそ初めて結果に繋がります。

 

 

速読が習得できない人は、

・速読を出来ると信じ切れていない

・訓練=読書、読書=訓練になっていない

のどちらか、もしくはその両方です。

 

 

まずはこの二つを改善してみて、

正しい速読法で快適な読書ライフを送って欲しいなと思います。

 

細かいテクニックなどについては、

メルマガ内と無料の電子書籍にまとめてるので

気になる人は見てみてください。

人生を拡大する読書法

 

 

速読で知識を操りながら人生を拡大しませんか?

僕は、「速読を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、知識も教養もほぼゼロ。

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で学び始めたのが、速読でした。

 

速読を学んだことで読書をするようになり、

こんな僕でも、たくさんの本を読むことを通して、

 

多くの価値観に触れることができたし、

今では、その経験を活かして情報発信をしています。

 

単に速く読むだけの速読には意味はなく、

読書の効果を最大化しつつ人生に活かすことに意味があり

それが、僕が速読をしている理由です。

 

僕が目指すのは、単に本が速く読めるようになっただけの速読で

薄い読書をするような人間ではなく、

 

本から最大限の学びを吸収しながら、知識を操り、自分の魅力を高めて、

圧倒的スピードで成長していける人間です。

 

だから、本を速く読めるようになることはあくまでも通過点に過ぎません。

 

知的好奇心のままに本を読み、

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界を

一緒に目指していきたいと思います。

速読で知識を操りながら人生の拡大を目指す、神山ケイの理念

 

僕がどのように速読に取り組み、

どうやってゼロからスキルを磨くことができたのか、

 

ほぼほぼ訓練なしで、あっという間に速読を習得できた秘密などを

限定メルマガorLINEを通して、余すことなく話しています。

今なら限定で、電子書籍もプレゼントしています。

 

⇒電子書籍「人生を拡大する読書法」を無料で読んでみる

 

もし、今回の記事が役に立った!と思ったら

あなたのSNSでシェアして頂けると嬉しいです。

(下記のボタンから簡単にシェアできます)

 

僕があっという間に速読を習得することができた秘密は、下記の電子書籍で公開中

読書をするためのモチベーション管理法3選前のページ

読書の効果を上げるワンポイントテクニック次のページ

関連記事

  1. 速読入門

    速読を習得するためのシンプルな条件を考えてみた

    どうも、神山ケイです。世間一般には…

  2. 速読入門

    本嫌いがゼロから速読ができるまでのモチベの保ち方

    どうも、神山ケイです。多くの人が、読書ができない続かない、速読を学…

  3. 速読入門

    【賛否両論?!】多読が良いのか精読が良いのか論とオススメの読書法

    どうも、神山ケイです。一番効果的な読書は何ですか?と聞かれたきに…

  4. 速読入門

    速読が夢を叶えるワケとは?

    どうも、神山ケイです。僕ら日本人のほとんどが本を読…

  5. 速読入門

    速読ができる人の特徴と速読ができない人の特徴

    どうも、神山ケイです。僕は、これまで「もっと本を読…

  6. 速読入門

    みんなが知らない、速読本の価値の有無とは?

    どうも、神山ケイです。先日、読者の方に速読本で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録

1日20冊読破!!

(読破したときの写真です)

 

 

>>詳しくはこちらから<<

ブログランキング1位!!

ブログランキング1位になりました!!

 

いつもありがとうございます^ ^

 

オススメ記事

  1. 速読入門

    読書は本当に、机上の空論なのか?
  2. 速読入門

    1日20冊を読んだ読書家が語る、速読を学ぶ意味
  3. 読書マインド

    【読書が苦手な人は必見】読書を趣味にすると人生は本当に変わるのか?
  4. 速読入門

    【賛否両論?!】多読が良いのか精読が良いのか論とオススメの読書法
  5. 読書日記

    何もないたった1日の休日が「自分を磨く最高の1日」になる
PAGE TOP