読書日記

読書の効果を上げるワンポイントテクニック

どうも、神山ケイです。

 

読書をするときには、どういう環境で本を読んでいるのかは

意外にも重要な役割を持っています。

 

 

と言うのも、読書は

基本的に1人でするモノなので

自分の中のイメージによって効率が大きく変わってくるからです。

 

 

 

例えば、

・普段のなにげない読書の時間で読む、「ニーチェの言葉」

・人生のどん底のいるときに読む「ニーチェの言葉」

 

これら二つは同じ本でも、全く違う印象を与えてくれますよね。

 

言葉一つ一つに対して込められる想いや

情報、描写が全く違ってくると思います。

 

 

僕も失恋してから読んだ恋愛の本や

小説で主人公がフラれてしまうような場面は

感情移入してしまって、今でも覚えていたりします。

 

普段の読書であればなんとなく読んでしまっていたような文章でも

失恋した後だったら、なんだか心に刺さることもあります。

 

何が言いたいのかというと、

読書をするときの雰囲気や自分のイメージ、実際に似たような体験をしたことがあるかというのは、

読書効率を上げてくれる材料になります。

 

 

だから、読書をするときには

読書以外の要素にも目を向けることを勧めています。

 

 

例えば、あなたが紀行文を読むとしましょう。

紀行文を読むときは実際に現地に行ってこい!

という訳ではありません。

 

もちろん現地に行ったら行ったで本の内容が入ってくるし

面白さも倍増するでしょう。

 

 

また、

あたたかい太陽の光の差し込んでくる、大きな木の下で

リラックスできる木製のチェアに座って

風になびく草木の音を聞きながら読む本と

 

 

人がぎゅうぎゅうに詰まっていて

全くリラックスできない満員電車の中で読む本とでは

 

 

圧倒的な差が出てしまうことは、一目瞭然でしょう。

 

 

本の内容なども重要ですが、

その本を読む自分自身の置かれている状況や環境なども

同じくらい大切なのです。

 

 

読書好きを加速させるワンポイントテクニック

 

先ほどの、「ニーチェの言葉」の例だと

「人生のどん底でその本を読んでいる」

から、より内容が入ってくるし記憶にも残りやすくなります。

 

 

これを日常的にやっていくのが、今回のテクニックです。

 

 

だからといって、

人生のどん底を作り出すということではないです。笑

 

その本に対するセルフイメージ(自分の中の自分のイメージ)

を高めていくことで、本の内容によりのめり込もうということです。

 

 

具体的には、

セルフイメージが上がるような場所を作る

ということをやってほしいと思います。

 

 

 

簡単な例が、喫茶店やカフェです。

 

心地よいクラシックが流れている中で

コーヒーを飲みながら、本の世界に浸っている・・・。

かなり気分がいいと思いますよね?

 

 

さらに外で読書をするのも良いと思います。

(季節によって限定されてしまいますが)

 

このように自分にとって心地よいと感じる場所を作り

そんなオシャレな場所で読書をするようにしましょう。

 

 

ちなみに、どこでもセルフイメージを高めることはできます。

 

 

僕はカフェなどで読書をするときには、

ちょっとオシャレをしてメガネを掛けて、

「若手の経営者」のような雰囲気を出して本を読んでいました。

 

(実際に雰囲気が出ていたのかは分かりませんが、大事なのはセルフイメージです)

 

 

ちょっとした工夫でセルフイメージがいくらでも上がります。

 

他にも僕は家で読書をするときには

BGMをかけるときもあります。

 

自分の家にBGMをかけてコーヒーを準備して

本を読んだり勉強したりすることで

カフェさながらの雰囲気を作り出すことができます。

 

最近は、自宅でもカフェ気分を味わうことができているので

外出しなくても集中して読書や勉強に取り組める環境作りができるようになったと思っています。

 

BGMもYouTubeには数え切れないほど上がっているし

コーヒーも自宅だとすぐにできるのでオススメです。

 

あとは、外見を変えるとモチベーションが上がりやすくなるので

家にいるときも着替えてから読むようにしています。

 

 

本当に誰でもできるようなちょっとしかことですが

読書効率や集中力が変わってくるので

ぜひ試してみてください。

 

ではでは!

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    自己啓発本の読み方1:成功の極意

    どうも、神山ケイです。今回は、あなたの人生をもっと豊かにしていくた…

  2. 読書マインド

    【公開】最も良い読書環境の条件

    どうも、神山ケイです。突然ですが、…

  3. 読書日記

    大学生が本を読むべき3つの理由

    どうも、神山ケイです。近年、大学生の読書離れが深刻…

  4. 読書日記

    読書が好きになるためのマインドセット

    どうも、神山ケイです。あなたは「快適な読書ライフ」と言われたときに…

  5. 読書マインド

    カフェで読書をするべき3つの理由

    どうも、神山ケイです。読書をする環境というのは、かなり大切です。…

  6. 読書術

    読書の常識を覆す!?読み飛ばしのススメ

    どうも、神山ケイです。あなたは本の”読み飛ばし”に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 書評

    速読は無意味?熱い読書観が語られる!『読書という荒野』のレビュー
  2. 読書マインド

    【必見】読書する人が陥りがちなワナ
  3. 読書マインド

    BGMが向いている人と効果的な読書BGMの条件
  4. 読書マインド

    生涯にわたって本を長ーーーく読む秘訣
  5. 書評

    人生の勝算、著者が得たものはなにか??
PAGE TOP