読書日記

読書家が陥りやすい罠、あなたは大丈夫?

どうも、神山ケイです。

読書をしていると

「一度読んだ本なんだけど、内容を忘れてしまう・・・」

という悩みや経験は誰しもあるかと思います。

 

 

一度読んで本棚に置いてある本でも

内容はほぼ覚えてしないし

本に書かれている内容も生かしきれいていない。

 

 

しかも、内容を忘れた本だけがドンドン増えていく・・・。

 

 

僕も、これで悩んでいました。

 

 

その理由は単純で

基本的には一度読んだ本を

そのまま放置していることがほとんどだからです

 

 

今、あなたの本棚を見てみてください。

実際に手にとってみて、

内容をキチンと把握している本は

数冊程度だと思います。

 

 

 

これは少し危機感を持った方が良くて

一度買った本を生かしきれていないというのは

「積ん読」

をしている可能性があるからなんです。

 

 

【積ん読の危険性】

積ん読というのは、

『本を読んだ気になっている』

という状態のことです。

 

 

僕が速読や読書術を教えていく上で

一番危惧している状況でもあります。

 

 

なぜかというと

積ん読の人はもれなく、たくさんの本を読んでいるのに

その内容を吸収しきれずに

 

「自分は本を読んでいる」

「自分は読書家である」

という気持ちだけが育ってしまっているからです。

 

 

 

そもそも積ん読という言葉は

自分に大した知識が無いのに

本をたくさん読んでいるというプライドだけが高い人、

 

つまり少し、イタい人の事を意味します。

 

もちろん速く読めるに超したことはないし

速く本を読みたいという気持ちは素晴らしいのですが

 

 

本をただ積み上げて満足しているだけの人・・・

この状態には間違ってもならないでくださいね。

 

 

これは速読教室とか、速読を教えている安い本を買って

速読を中途半端に習得してしまった人達など

 

少し本を速く読めて、傲慢になってしまった人が陥りやすいワナです。

 

 

速読を習得しても、

その本の内容を覚えていなかったら意味が無いです。

 

 

それは時間の浪費だし、

お金もすごくもったいないです。

 

 

”100冊のいい加減な本より、1冊の素晴らしい本”

を読んだ方が力が付くこともあるんです。

(↑これ、結構大事です)

 

 

 

僕が1日10冊を読んだとか言っているのも

テキトーに読んでいった訳ではないし、

 

もし、そう思われているのであればとんだ見当違いです。

 

 

確かに速読を利用して本を読んでいますが

その目的は、

自分の中に内容を落とし込むことにあります。

 

 

ちなみにそのための読書法は「精読」と言われています。

それについては、メルマガ内で詳しく話しているので是非。

 

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」 というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

さらに速読を学んだことでこんな僕でも、

たくさんの本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

今では、その経験を活かして情報発信をしています。

 

単に速く読むだけの速読には意味がなく

読書の効果を最大化しつつ人生に活かすことに意味があり

それが、僕が速読をしている理由です。

 

僕が目指すのは、

魅力を高めながら、圧倒的スピードで成長していける人間であり

速く読むことはあくまでも通過点に過ぎません。

 

知的好奇心のままに本を読み、

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界を

一緒に目指していきたいと思います。

 

僕がどのように速読に取り組み

どのようにゼロからスキルを磨くことができたのか、

その過程を電子書籍にまとめています。

 

”人生を拡大する読書法”を読んでみる

 

サクッと読める内容なので、もし興味があれば読んで見てください。

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

もし、この記事が役に立った!と思われたら

SNSなどでシェアをして頂けると嬉しいです。

(すぐ下のボタンからできます)

関連記事

  1. 速読入門

    速読の歴史とルーツを紐解いてみた話

    どうも、神山ケイです。今回は速読のルーツと、その歴…

  2. 速読入門

    みんなが知らない、速読本の価値の有無とは?

    どうも、神山ケイです。先日、読者の方に速読本で…

  3. 読書日記

    読書を省エネにしよう!○○読書法

    どうも、神山ケイです。今回は、読書前にササッと行う…

  4. 読書マインド

    みんなが読書をする理由は○○だった

    どうも、神山ケイです。以前、文化資本についてお話したと思います…

  5. 速読入門

    速読は本当に資格試験に役に立つのか?

    どうも、神山ケイです。速読ができるようになると、短時間で多くの…

  6. 読書マインド

    センスは読書で磨け!!

    どうも、神山ケイです。センスが良いとか悪いとか言わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書マインド

    読書をするための最強の動機
  2. 読書マインド

    【閲覧注意】読書をしないと生きていけない話
  3. 書評

    チーズはどこに消えたに学ぶ「変化とは○○である」
  4. 書評

    人生の勝算、著者が得たものはなにか??
  5. 速読入門

    【初心者必見】本を読む人読まない人の明確な違いを3つ紹介!
PAGE TOP