読書日記

読書量を上げる、超簡単な方法

どうも、神山ケイです。

今回は、読書量を上げるテクニックを見ていきます。

 

データ的にも感覚的も

僕ら日本人には読書量が圧倒的に足りていないように感じます。

 

大学生の半数が月に1冊の本も読んでいないし

月に3冊読んでいる人は全体の1割ほどです。

 

時間がない社会人の人であれば、

本を読んでいない人はもっといると思うし

本を読まない傾向が強くなってきます。

 

 

もっと読書に時間を割きたいけど、時間がないと嘆いている人もいるし

本をたくさん読みたいし、重要性はわかるけれど中々継続ができない

 

と悩んでいる人もいます。

 

 

もっとまとまった時間をとれば

読書量を増やすことができるんじゃないか?

と感じる人も多いと思うし、僕もそう感じていました。

 

 

しかし、まとまった時間をとって読書をすることは

時間に追われている日本人にとっては、

かなり難しいことですよね。

 

 

 

ただ、日常生活に”ある工夫”をするだけで

スキマ時間にも本を読むことができます。

 

それこそスキマ時間だけでも

年間に数十冊を読むことだって出来るんです。

 

 

読書をするときは、

「まとまった時間が必要だ」と考えている人も多いと思います。

 

 

たしかに、まとまった時間があれば一番良いですが、

ちょっとした時間でも本の開くことができれば

いつの間にか多くの時間を読書に割くことができます。

 

 

 

要は、”塵も積もれば山となる”です。

 

 

ということで、この記事で

僕が実践している”ある工夫”を紹介します。

 

 

枕元に本を準備する

 

まず、一つ目は、

「枕元に本を準備する」

です。

 

 

やってみるとわかるのですが、ものすごく簡単です。

今すぐにでも出来るし、苦労することもありません。

 

具体的には

「枕元に本を積んでおく」

もしくは

「枕元にKindleを用意する」です。

 

 

どちらでも効果は変わらないので、

好きな方で試してみてください。

 

これをしておくことで、

ベットに入りながらでもサーーーッと本を読むことができます。

 

 

 

本を読んでいる中で、

眠たくなったら寝てもよし

集中してきたらそのまま読み続けてよしです。

 

 

布団に入ってから眠くなるまでに

30分とか1時間ほどかかる人もいるかと思います。

 

その間にその日の出来事を振り返るのも効果的ですが、

実際に本を読むことによって

自分をさらに成長させることができます。

 

 

人間の脳は寝ている間に、記憶の整理をして

記憶を定着させる機能があります。

これを利用すると、寝る前に読んだ本の内容をより覚えやすくしてくれます。

 

 

さらに、出来る人は

起きた後にも本を読んでみるということもやってみてください。

 

眠い目で数ページ本を読むだけで

頭の回転がみるみる速くなってきます。

目覚めが良くなり、本を読んでモチベーションを上げることができ

1日の良いスタートを切る準備ができますよ。

 

 

「寝る前と起きた後に本を開いてみる」

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

本を1冊常に持ち歩く

 

僕は、外出するときにはカバンやバッグに

本を1冊だけ入れる、もしくはKindleを入れています。

 

 

なぜなら外出先では、

必ず暇な時間が出てくるからです。

 

 

友達との待ち時間

授業時間

仕事の休憩時間

何かに並んでいる時間・・・・。

 

このスキマ時間にケータイをいじっているだけは

正直もったいないので

カバンから本を取り出して、本を開いてみるクセを付けてください。

 

 

本を開いて周りの目が気になる人は

Kindleをケータイに入れておくのでもOKです。

 

 

 

一番大事なこと

 

今まで話した方法をやる中で

一番大事なことがあって、それが

「とにかく本を開く」ということです。

 

 

本が読めない・・・と悩んでいる人の多くが

まず本を開いていないと思います。

要は、開く前から「読めない!」と言って諦めてしまっているのです。

 

 

これは、すごくもったいないで、

とにかく本を開いてみる、

目次だけでも良いから見てみる、

と言ったことが大事です。

 

 

ここまで出来れば、自然と興味のある部分が出てくるので

本を読み進めることができます。

 

 

僕は、受験生のころ

どうしても勉強のやる気がでないときは

”とにかく教科書を開いてみる”

”とにかく勉強机に座ってみる”の2つをしていました。

 

 

これと少し似てますよね。

 

 

年間で読む本が数十冊増えるだけでも

見える世界が変わってくると思うし、

年間100冊増えると、大きく変わってくると思います。

 

 

 

今回、僕が紹介した方法を実践してみて

読書量を増やしてみてくださいね。

 

途中から本を読むのが、億劫にならずに

むしろ楽しくなってくると思います。

 

どうしても読書ができない、もっと効率良くたくさんの本を読みたい

もっと成長に繋がる読書をしたい

と言う人は、電子書籍も用意しているので

是非、見てみてください。

 

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    速読をすることの意外な効果とは?

    どうも、神山ケイです。今日は速読をすることによ…

  2. 読書術

    読書ノートの書き方とメリット

    どうも、神山ケイです。あなたはこれまで読んだ本の内…

  3. 読書日記

    文法と接続詞を速読に応用してみた

    どうも、神山ケイです。今回は、より本を速く読むため…

  4. 読書マインド

    BGMが向いている人と効果的な読書BGMの条件

    どうも、神山ケイです。本を読むときに、意外にもBG…

  5. 読書術

    読書の常識を覆す!?読み飛ばしのススメ

    どうも、神山ケイです。あなたは本の”読み飛ばし”に…

  6. 読書日記

    読書が好きになるためのマインドセット

    どうも、神山ケイです。あなたは「快適な読書ライフ」と言われたときに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書マインド

    日本では読書法の教育が間違っている説
  2. 書評

    【若者にぜひ読んで欲しい1冊】「死ぬこと以外かすり傷」のレビュー
  3. 書評

    「ユダヤ人大富豪の教え」を大事なところだけまとめてみた件
  4. 読書マインド

    ビジネス書こそ速読に向いているという事実
  5. 読書マインド

    速読のマインドセット:本を読むほどスピードが増す
PAGE TOP