速読脳

あなたは右脳派?それとも左脳派?

どうも、神山ケイです。

 

人間の脳には、右脳と左脳があるのは周知の事実だと思いますが

実はそれぞれで得意とする分野が違っています。

 

 

右脳を使うのが得意な人もいれば

左脳を使うのが得意な人もいます。

 

あなたはどっち派なのかわかるでしょうか?

 

ということで、右脳派なのか左脳派なのかを診断する

テストがあるので、やってみてください。

 

右脳・左脳診断

 

右脳・左脳適切診断をしてみる

 

僕はちなみにこんな感じでした。

 

僕は、左脳派で推理力という結果です。

 

結果が出たら、左脳派と右脳派の特徴を学んでいきます。

 

右脳派の人の特徴

 

右脳はクリエイティブなことを司る部分で、

「芸術脳」とも言われています。

 

喜怒哀楽などの感情表現や

イメージや五感などの感性に関わる分野を得意としています。

 

右脳を中心的に使う人は、

人の感情に注目できるぶん、自分も感情移入をしてしまいがちなので

感情的になりやすく、時に冷静な判断力を失ってしまうときもあります。

 

 

ただ、スポーツなどの直感が大事な場面や

閃きなどはすべて右脳の働きです。

 

 

とっさの判断が必要な場面で、論理的に判断していては

間に合わないときだってあります。

 

右脳を鍛えることで、より情緒的な人間になれるし

幸福度も上がってきます。

 

 

左脳派の人の特徴

 

左脳派は論理的に物事を見るのが得意なので

冷静な分析などに長けています。

 

ただ、感情を置き去りにしてしまうこともあり

それが仲間との対立を深めて

結果的にマイナスの方向に働くこともあります。

 

 

映画やドラマの感動的なシーンを見ても

少し冷めたような視点で見てしまいがちなのも

左脳型の特徴です。

 

 

僕もそういった傾向が強い気がしますね・・・。

(今ではボロボロ泣けますが笑)

 

あと、今の日本では、左脳型の人間は少数派と言われています。

 

日本人は共感能力が高く、言わなくても空気で考えて動けたりしますし、

実際に暗黙の了解なんて言葉もありますよね。

 

だから、仕事やビジネスの現場では、

冷静な判断でドンドン物事を進められる人が求められているのも

僕ら日本人の国民性を考えたらなんだか納得できます。

 

 

ただ、左脳型の人の人生は

なんだかつまらなそうなので一長一短ですね。

 

 

得意な方の脳を伸ばす方法

 

自分が右脳派なのか左脳派なのかがわかったら

その特徴を理解して

伸ばしていくことが大切です。

 

 

そして得意な分野に伸ばすのに最も効率が良いのが

『読書』です。

 

本を読むことで質の高い情報を

シャワーのように浴びることができるので

たくさんの有益な情報を自分の中に取り込むことができます。

 

 

本を読むだけでも、脳は回転しているので

鍛える事が出来るのですが

さらに速読を身につけるともっと脳を鍛えることができ

一気に成長することができます。

 

 

速読はいつもの読書の3倍とか4倍で本を読んでいくので

脳の最高パフォーマンスを引き出すことができます。

 

 

速読は普通の人が一般道で車を走らせている中、

高速道路を使って目的地に向かうのと同じような状態です。

 

 

それだけ脳を鍛えながら、知識を付けながら

一気に成長することができます。

 

 

 

脳を伸ばす読書ジャンル

 

また、読む本のジャンルでも右脳派と左脳派には違いがあります。

 

右脳派の人は、小説を大量に読んでみるといいです。

 

小説はイメージ力をふんだんに使うので

想像力をメキメキと鍛えることができます。

 

アインシュタインは、想像力は最大の武器

と話していますが、

その武器を小説を使って手に入れることができます。

 

また、左脳派の人は専門書を読むと良いです。

 

読むのはなんでもよくて、

医学、生物学、科学、物理学、数学、ビジネス、経済学、語学・・・

 

できるだけ理論に基づいた本を読むと

得意な部分を伸ばすことができます。

 

色々な物事を論理的に判断できる力を鍛えることができます。

 

 

また自分の得意でない分野を鍛えるのもアリです。

感情的な人は

左脳を鍛えることで冷静に判断する論理的な思考を鍛えることができるし

 

理屈っぽい人は、右脳を鍛えることで情緒豊かな人になることができます。

 

 

両方を鍛えておいて損はないし、

両方を鍛えるのに読書は最も効率の良い方法です。

 

もっと効率良く本を読むことができれば

脳をバキバキに鍛える事が出来るので

ぜひ、一読してみてください。

 

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    速読のマインドセット:本を読むほどスピードが増す

    どうも、神山ケイです。速読のスキルですが、実は筋トレと似ています。…

  2. 読書術

    速読における時間設定の効果とは??

    どうも、神山ケイです。今回は少し専門的というか…

  3. 速読脳

    「パラテクスト」の重要性を語ってみた話

    どうも、神山ケイです。今回は速読を習得して読書をしていくなかで、一…

  4. 読書術

    読書の常識を覆す!?読み飛ばしのススメ

    どうも、神山ケイです。あなたは本の”読み飛ばし”に…

  5. 読書術

    あなたの読書法、間違っていませんか?

    どうも、神山ケイです。速読をするときに大事なことが…

  6. 速読脳

    速読をマスターするなら知っておくべき、右脳と左脳の速読術

    どうも、神山ケイです。今回は速読のスキルについて話していくのですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書マインド

    【閲覧注意】読書をしないと生きていけない話
  2. 書評

    チーズはどこに消えたに学ぶ「変化とは○○である」
  3. 書評

    【漫画版】君たちはどう生きるか?から学べることを厳選したレビュー
  4. 読書マインド

    ”精読スキル”を解説してみた
  5. 速読入門

    読書は本当に、机上の空論なのか?
PAGE TOP