読書術

読書の常識を覆す!?読み飛ばしのススメ

どうも、神山ケイです。

 

あなたは本の”読み飛ばし”について

どう思っているでしょうか?

 

・本を読み飛ばすなんてあり得ない

・読み飛ばしなんてしていいの?

・ちゃんと本は最初から最後まで読むべき

 

という考え方の人が多いと思います。

 

 

確かに、何でもかんでも読み飛ばしをしていると

読書本来の目的からそれてしまったり

内容を把握できないままなんて事になります。

 

 

しかし、読み飛ばしも使い方によっては

自分の自信に繋がる、かつ、思考力を高めることもできるんです。

 

今回は、そんな読み飛ばしをするメリットについて話していきます。

 

 

 

読み飛ばしができるのはなぜ?

 

特に、読み飛ばしがタブーとされているのが

純文学などの細かい描写で描かれた本です。

 

 

こういった文学作品では、

最初から最後までじっくり読みながら楽しんだり

作品の深みを味わったりするのが王道です。

 

 

そういった作品を読むときには、

最初から最後まで通して読めたら一番いいのかも知れませんが

 

 

現実問題として300P~400Pある本を

何十冊も精読することができるのか?

と言われるとほとんどの人にとっては難しいはずです。

 

 

しかも純文学などは、その時代の言葉や背景の理解が必要なので

速く読むのはビジネス書や理論書に比べると難易度が上がります。

 

 

僕自身も、速読をするのはビジネス書や理論書が多く

小説や哲学書は精読を意識して読むようにしています。

(それでも普通のスピードよりは速いですが)

 

 

最初からキチンと読もうとすると

読み切れずに途中で読むのを諦めてしまう・・・

なんてことになりかねません。

 

 

だから、僕は文学作品は無理してすべて読まなくてもいい

と思っています。

 

 

例えば、映画化されたような文学作品を考えてみてください。

 

映画の中では、

作品の文章のすべてが映像に置き換わっていないはずです。

 

面白い部分、ストーリーの伏線となる部分、

物語の核となる部分などを掻い摘まんでいきます。

 

 

それでも内容を理解することはできるし

普通に感動することだってできるし、面白いと感じるはずです。

これを読書にも応用したのが読み飛ばしのテクニックです。

 

 

読み飛ばしのメリット①

 

読み飛ばしをすることのメリットとしては

分厚い本であればあるほど自信になるということです。

 

 

これは文学作品に限った話ではありませんが

分厚い本を読み終わったときの達成感は

自分の自信や快感に繋がります。

 

 

こんな分厚い本でも読めるんだ!という気持ちがあれば

本を読むときのハードルも下がるし

もっと本を読みたい!というモチベーションになります。

 

 

当然ですが、読める冊数も格段に増えます。

 

 

僕も色々な読書術を学んだことによって本が速く読めるようになり、

分厚い本でも臆せずに読めるようになってから

一気に読む冊数が増えました。

 

読み飛ばしが出来るようになると

読書量が上がり、自信もより一層つくようになります。

 

 

読み飛ばしのメリット②

 

 

さらに、こうした読み飛ばしをすると

読み飛ばした部分を無意識的にも類推する力を

磨くことができます。

 

 

先ほど出した映画の例でも

時間がとんだりとか、シーンが省かれることがありますが

僕らは類推しながら読むことができるので

最後まで作品を楽しんで鑑賞できます。

 

 

何回も映画を見るような人なら

こういった類推しながら見るというスキルは持っているはずです。

 

 

これを読書でも応用するのも決して難しくないし、

たくさんの作品に触れて量をこなせば

誰でも身につけることのできる力です。

 

 

 

まとめ

 

ここまで読み飛ばしのメリットについて話してきました。

 

速読を始めとした読書術を身につけるには

本は最後まで読むべきだ!

などの固定概念を取り払う必要があります。

 

 

もちろん、本によっては

最後まで精読しながら読むべきものもありますが、

本は最後まで読むべきだ!という思考だけに囚われていては

もったいないです。

 

 

詳しい読書術の方法や読み飛ばしのテクニックなどについては

限定メルマガや無料の電子書籍で話しているのでぜひ。

 

 

読書術をマスターして書快適な読書ライフを

楽しんでほしいと思います。

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 速読入門

    速読を習得するためのシンプルな条件を考えてみた

    どうも、神山ケイです。世間一般には…

  2. 読書マインド

    日本では読書法の教育が間違っている説

    読書法の教育は間違っているかもしれないどうも、神山…

  3. 読書マインド

    【公開】最も良い読書環境の条件

    どうも、神山ケイです。突然ですが、…

  4. 読書日記

    読書におけるスタミナ管理法

    どうも、神山ケイです。読書って、動かないからキツく…

  5. 読書日記

    読書をするなら知っておきたい、たった一つの真実

    情報をたくさん処理すると、脳は疲れる・・・あなたは…

  6. 読書術

    読む本のレベルを上げて地頭力を上げる読書術

    どうも、神山ケイです。突然ですが、あなたが読んでいる本のレベルはど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 未分類

    速読の効果的なトレーニングとは?
  2. 書評

    『嫌われる勇気』を読んで人間関係シンプルになった話
  3. 読書日記

    日本という格差社会を生き抜く方法
  4. 速読入門

    速読の歴史とルーツを紐解いてみた話
  5. 速読入門

    サヴァンの天才達
PAGE TOP