読書術

自分の「読書」を活かすことができていますか?

※この記事は本を1冊読み終わっている人向けです。

どうも、神山ケイです。

 

本を読んでも中々行動に移せない、

考え方は変わったけど実践できない・・・

こんな経験ありませんか?

 

 

そこで、今回の記事で「本で自分を変える」ということを実感して

少しでも前に進める人が増えればいいなと思って書いています。

 

 

もし、本で自分を変えることが出来るようになると、

あなたの人間としての器は何倍、何十倍にも膨れあがります。

 

 

本を1冊読む度に自分のレベルアップが出来るので

本棚に並んだ本の数だけあなたは成長することができます。

 

さらに、読むジャンルによっては

どの部分でもセンスを磨くことができます。

 

 

 

ビジネスを極めたいと思ったら

誰よりも優秀なビジネスマンに生まれ変われるし、

 

 

歴史を極めたいと思ったら

博識なその分野の専門家にだってなることができます。

 

心理学を極めたいと思ったら、

知識を身につけて相手がどんなことを考えているかがわかってきます。

 

 

これは、どのジャンルにも精通するような読書のノウハウなので

ここで学んでもらって実践してもらえればいいなーと思います。

 

 

では早速ですが、内容に入っていきます。

 

 

 

①読んだ本を1冊用意する

 

これまでで、自分が読んだことがある本を用意してください。

 

あなたが大好きで、かつ、

自分の人生のバイブルにしたいと思う本が効果的です。

 

 

僕もいくつかあって、一時期は

アドラーの「嫌われる勇気」を人生のバイブルにしていました。

 

学びが得られる本であればなんでも良いので、

気楽に、自分がなんとなく好きだと感じる本を選びましょう。

 

 

もし、まだ読んでいない人がいれば

まずは1冊読み終えてみてくださいね。

 

 

②学んだことを思い出す

 

その本の中で

『一番役に立つ!と思ったこと』

を思い出してみてください。

 

自己啓発であれば

『スゴい』とか『これならできる!』と言うような内容です。

 

小説なら、その本を通しての筆者の主張、

ビジネス書とか知識本なら、驚いたとか知らなかった知識です。

 

 

そしてそれを何でも良いので、とにかく書いてください。

パソコンにでも良いし、ケータイのメモ帳にでも良いですし

普通に紙に書いても良いです。

 

 

とにかく書くことで、やることを具現化させてください。

 

 

③その方法を実践する

 

最後に、思い出した方法を実践してみてください。

 

人に優しくするのであれば

人に優しくしてみる。

 

人を褒めるのであれば人を褒めてみる。

 

散歩をするのであれば、外に出てみる。

 

知らない知識であれば、その知識でできることを探してやってみる。

 

小説であれば、理想の主人公のように生活してみる。

 

・・・・・・

 

 

色々方法がありますが、共通していることは

実践すること、アウトプットすることで初めて力が付くということです。

 

 

ほとんどの本には、素晴らしい方法は考え方、

役に立つような考え方、最新のデータに基づいた方法などが載っています。

 

しかし、どんなに大量の本を読んで価値ある情報を手に入れることができても

自分の人生に活かすことができなかったり

成長することができなければ、せっかくの読書の時間は無駄になってしまいます。

 

 

 

確かに、アウトプットしたり行動するのは面倒に感じるかもしれません。

しかし、本を読むだけでは人は変われません。

 

本を読んで実践することで、初めて変わることができ

理想とする世界に近づくことが出来るんです。

 

 

だから、本自体に期待するのではなく

その本からいかに有益な価値のある情報を手に入れて

自分の人生に活かせるのか?

を考えて読書をしてほしいと思います。

 

これが本を読んで成功する人の共通点だと思うし

読書で自分の人生を変えることが出来る人だと思います。

 

 

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    あなたにとって読書とはなんですか?

    どうも、神山ケイです。今回のテーマは、あなたの読書…

  2. 読書日記

    読書をするためのモチベーション管理法3選

    どうも、神山ケイです。読書を続けていくためのモチベ…

  3. 読書術

    語彙力を劇的に上げる秘密とは?

    どうも、神山ケイです。今回は、「ヴォキャブラリー・エフェクト」とい…

  4. 読書マインド

    意外と見落としがちな「本の選び方」を解説してみた

    どうも、神山ケイです。読書家としての第一歩を踏み出…

  5. 読書日記

    読書をする時間を生み出すためのコツ

    どうも、神山ケイです。本を読むことが習慣になってい…

  6. 読書マインド

    ”精読スキル”を解説してみた

    精読とは?精読とは簡単にいうと、本をより正確に読ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書日記

    読書をする時間を生み出すためのコツ
  2. 書評

    【書評】レバレッジリーディングとは?
  3. 速読脳

    あなたは右脳派?それとも左脳派?
  4. 読書日記

    本を読むときに一番良い時間はいつなのか?を考えてみた話
  5. 書評

    「学問のすすめ」は意外と学問をすすめてこない
PAGE TOP