書評

【漫画版】君たちはどう生きるか?から学べることを厳選したレビュー

どうも、こーせーです。

今回は、【漫画版】君たちはどう生きるか?のレビューをしていきたいと思います。

 

 

君たちはどう生きるか?はどんな本か?

 

この本は、主人公である、コペル君が友達を裏切ってしまうところから物語が始まります。

途方に暮れているコペル君に、元編集者である叔父さんが、

人間とはどのようにいきていくべきなのかを、教え考えさせる内容になっていて

漫画の部分があったり、ストーリーで描かれていていることで、読みやすさは原作のモノよりも勝っていると思います。

 

 

 

ただ、原作が80年前という事もあると思うんですが、Amazonのレビューでは批判的な意見も目にしました。

確かに内容的に、多少時代があってない部分もあるかもしれません

 

 

 

が、しかし

現代でも通じるような考え方が盛り込まれている内容だと個人的には思っていますし、

将来自分の子供ができたときに、読みたいなーと思いました。

特に中高生や大学生など若いうちに読んでおきたいですね。

 

 

 

君たちはどう生きるか?のメッセージ

 

 

学ぶ事は贅沢なことである

本の一節にこんな言葉が出てきます。

いまの君にしっかりとわかってもらいたいと思うことは、この世の中で、君のようになんおさまたげもなく勉強ができ、自分の才能を思うままに伸ばしてゆけるということが、どんあにありがたいことか、ということだ。

なんかグサッと心に刺さりました。

 




ていうのも、最近、僕自身の勉強に対する姿勢が甘くなってきているんじゃないかと思っていたんです。

80年前は、勉強もみんなが中学に行って、高校、大学なんて行ける時代じゃなかったはずです。

・家庭の事情

・身体的な理由

・そもそも学校が近くにない

ホントは勉強をしたくても出来ない人がいたんです。

それに比べて僕たちはどうなんだと。





中学校まではみんなが行けるし、ほとんどの生徒が高校に進学していきます。

なにも学校の勉強に限った話ではなく

料理とか、裁縫とか。

今の日本では、なにか学びたいと思ったらほとんどの事を学ぶことが出来ます。

 

 

 

要は、自分のやりたい事が努力したら達成できるチャンスがそこら中に転がっているんです。

でも、色々言い訳しながら結局やらないひとが多くいます。

これって非常にもったいないと思うんですよね。

 

なにか極めたいと思ったら

図書館では無料で本が読めるし、

良い本がなかったら買えば良いし、

SNSなんか使って人脈使って聞くことが出来るし、

ホントに良い環境に恵まれていると思います。さすが日本って感じです。

 

 

 

僕も本を読むことに関しては、人生をかけてレベルアップしていきたいです。

だから本はこれからも読み続けるし、一人でも多くの読書家を生み出すために活動していきます。

 

 

 

こんなの使い倒すしかないじゃん・・・と改めて感じました。

僕もコペル君に負けないように、本を通して勉強していくつもりです。

 

 

立派な人とはどんな人?

コペル君の友達である、浦川君という子がいるのですが、ある日を境に学校に来なくなっていました。

それで、心配になったコペル君は浦川君の家を訪ねました。

そこで、目にしたのは、浦川君が働いている姿でした。

 

 

ここで大事なのは、人を貧富の差で判断してはいけないということはもちろんですが、

浦川君は、働く事で世の中に価値を与えているっていうことです。

 

 

なにかものを生み出せる人、つまり価値を届けられる人が立派な人

なんだと本書では定義していて、

要は、自分はどんな働きをして、価値を届けることができるか考えてみてね

っていう事だと思っています。

 

 

学生だと、実際に価値を与えることは難しいのかもしれません。当時はですが。

しかし現代ではインターネットが発達して、誰でも情報を発信する事ができ、誰もが価値を与えられる人間になることが出来ます。

 

いきなり、情報発信とかが難しくても

“どうやって人に価値を与えていくかを考えていくべきだし、そういう時間を過ごすべき”

というメッセージが込められているのかもしれません。

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 書評

    【若者にぜひ読んで欲しい1冊】「死ぬこと以外かすり傷」のレビュー

    どうも、神山ケイです。今回は、「死ぬこと以外かすり傷」のレ…

  2. 書評

    【感想】夢を叶えるゾウ

    どうも、神山ケイです。今回…

  3. 書評

    レバレッジリーディングが素晴らしかったのでレビューしてみた話

    どうも、神山ケイです。最近、書店で「レバレッジリーディング」という…

  4. 書評

    【書評】 お金2.0

    どうも、神山ケイです。今回はお金2.0という本の書評をして…

  5. 書評

    【書評】破天荒フェニックス 経営者はなにを考えているのか

    どうも、神山ケイです。今回は、破天荒フェニックスという本の…

  6. 書評

    「バカと付き合うな」が結構な良書だったのでレビューしてみた

    どうも、神山ケイです。書店で見かけたので、「バカと付き合う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 書評

    【感想】夢を叶えるゾウ
  2. 読書日記

    読書量を上げる、超簡単な方法
  3. 書評

    人生の勝算、著者が得たものはなにか??
  4. 読書術

    読書ノートの書き方とメリット
  5. 書評

    チーズはどこに消えたに学ぶ「変化とは○○である」
PAGE TOP