読書マインド

【本を読んで眠くなる人必見】眠気とおさらばして読書に集中する方法

どうも、神山ケイです。

 

あなたはいつでも本を開けば、本の世界に没頭して

気づけば1冊読み終わっていた・・・。

なんて経験をしたことがありますか?

 

 

たぶんこの記事を見てる人のほとんどが

・読んでいる最中にいつも眠気が襲ってくる

・1冊を集中して読み終えた経験が少ない

という悩みを抱えていると思います。

 

 

その気持ち、ものすごく分かるんですよね。

 

 

文字を読んでいるよりもSNSやYouTube、テレビを見ている方が楽しいし

自分を磨こう、高めよう!と思って買った本も

ほとんど読まずに本棚の奥にそっとしまってしまう。

 

 

文字を読んでいても、他のことに集中が削がれてしまって

ソワソワした気持ちになって全然読み進められない。

 

僕もそんな読書に苦手意識をもつ一人でした。

 

しかし、速読を学んだことで、

テレビよりも本の世界の方が面白いし、学びがあることに気づけたし

本を読んでいる最中に眠くなってしまうこともほぼ無くなりました。

 

今回はその経験をもとにして、

読書中にどうしても本を読む気力が無くなる人に向けて

その対処法を紹介していきます。

 

 

1冊を読み切る経験を積むこと

 

結論から言いますが、「1冊の本を読み切る経験を多く積むこと」

これが一番効果のある、本の世界に没頭できる方法です。

 

本を読み切る感覚や役に立った経験がないから

読書中も眠くなってしまうのが、本質的かつ根本的な要因です。

 

人間は成功体験を積むことで、自信を持つようになり

物事に段々となれていきます。

 

例えば、人前で話すことが苦手だと感じている人は

とにかく人前に立つという成功体験を積み重ねる必要があります。

 

だから、始めは喋らずに誰かの横でアシスタントとしてやってみる、

それに慣れたら少しづつ話す機会を増やしていきます。

 

挨拶くらいから始めて、司会進行をして・・・・

と人前で話すために段階を踏んできます。

 

 

自分の中で人前で話せるかも?と思える経験が積まれるから、

最終的に一人でも話せるようになります。

 

まあこれは何を隠そう僕の体験談なのですが、

要は、成功体験を積み重ねることが大切なんです。

 

 

これは読書でも同じで、1冊読まずにいつも眠くなる人は

本を読むこと、その中で学びが生まれるという成功体験が少ない人です。

 

でも、経験が少ないのに経験しろ!は矛盾してますよね?

 

その抜け道が速読というスキルであり、

僕が読書経験が皆無の状態から、1日何冊も読めるようになったのは間違いなく

速読ができるようになったからです。

 

時間がかからずに手っ取り早く読めるから

ストレスになりにくいし、知識が付いてくるので

読めば読むほどスピードが速くなるし、知識や教養も身について行きます。

 

小さい成功体験に聞こえるかも知れませんが、

この積み重ねが、本嫌いを克服できた大きな要因です。

 

 

本のレベルを考える

 

ここからはちょっとテクニック的な話をしていきます。

 

本を読み始めたばかりの人やその分野のビギナーの人にありがちなのが、

いきなり難しい本や分厚い本を読んでしまうパターンです。

 

僕も最初に読書を始めたときには、

1冊2000円ほどする分厚い本を買って

「さあ、読むぞ!」と意気込んでいました

 

その結果どうなったのか?というと、

開始早々でで集中力が切れて飽きてしまい、

「まあいいか」と思い、また次の日に、また最初から読む羽目になりました。

 

トータルで5時間ほどかけて読みましたが

読了しても頭にはほとんど残っておらずに全く定着していませんでした。

 

何時間もかけて読んだのに、全く身になっていないし

全然覚えていない自分の能力の低さに絶望したのはよく覚えています。

 

だから、これから読書を始める人や新たな分野の本を読む人は

始めは薄くて読みやすい本、入門書と言われる本を読むのがオススメです。

 

 

それを読んで本読む集中力や前提知識が付けば

自分が読みたいと思っていた本がいとも簡単に読める日が必ず来ます。

 

何事もそうですが、小さく始めて慣れてきたら

大きくしているのがセオリーです。

 

だから、読みやすい本や入門書をササッと読んでから

自分の本当に読みたい本を読むのがオススメです。

 

 

制限時間を決める

 

あと、眠くなってしまう人は制限時間を設けていない人が多いです。

 

学校の提出物とか夏休みの宿題を思い出して欲しいのですが

あれって締め切りの前になると

いつも以上に集中できて、

それで何とか終わらせたという経験がある方が多いと思います。

 

 

僕も夏休みは残り3日間くらいで一気にやっていました・・・。

(良いか悪いかは置いておいて)

 

その状況で、なぜいつも以上の力を出せたのか?

と言うと、時間による締め切り効果があったからです。

 

○日の○時までに出さないといけない!と分かっていて

かつ、それを強く意識しているから

高い集中力を発揮しながら夜遅くまで宿題をこなすことができるわけです。

 

要は、それを読書に応用するだけです。

 

この本を30分で読み終える!1時間で読む!とか

○○分でこの章だけでも読む!と決めて

それをとにかく実践してみる。

 

すごく簡単なアドバイスですが、多くの人がやらないし

やるとすぐに効果が出る方法です。

 

まとめ

 

今回は読書中に眠くなってしまう改善策として

・1冊読み終える経験を積むこと

・本の難易度を考えること

・制限時間を設けること

を話していきました。

 

先ほども言いましたが、僕が本が好きになれた本質的な要因は、

速読を学び、本を軽やかに読むことができるようになったからです。

 

本が速く読めるのはもちろんのこと、勉強や仕事も上手くいくようになり

大量の本を読んだ際に得た知識を活かして

コミュニケーション力が上がり、

良好な人間関係を作れたし恋愛もマシにできるようになりました。

 

大げさ抜きで、人生を変えるくらいのポテンシャルを秘めているので

興味があれば、速読を学んで快適な読書ライフを送ってほしいと思います。

 

読書嫌いでもできた速読法は、

メルマガ、LINEマガジンの読者限定で話しています。

⇒読書嫌いでもできた速読法

 

有料の電子書籍も今なら無料でお配りしているのでぜひ。

 

 

速読で知識を操りながら人生を拡大しませんか?

僕は、「速読を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、知識も教養もほぼゼロ。


情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で学び始めたのが、速読でした。

 

速読を学んだことで読書をするようになり、

こんな僕でも、たくさんの本を読むことを通して、

 

多くの価値観に触れることができたし、

今では、その経験を活かして情報発信をしています。

 

単に速く読むだけの速読には意味はなく、

読書の効果を最大化しつつ人生に活かすことに意味があり

それが、僕が速読をしている理由です。

 

僕が目指すのは、単に本が速く読めるようになっただけの速読で

薄い読書をするような人間ではなく、

 

本から最大限の学びを吸収しながら、知識を操り、自分の魅力を高めて、

圧倒的スピードで成長していける人間です。

 

だから、本を速く読めるようになることはあくまでも通過点に過ぎません。

 

知的好奇心のままに本を読み、

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界を

一緒に目指していきたいと思います。

速読で知識を操りながら人生の拡大を目指す、神山ケイの理念

 

僕がどのように速読に取り組み、

どうやってゼロからスキルを磨くことができたのか、

 

ほぼほぼ訓練なしで、あっという間に速読を習得できた秘密などを

限定メルマガorLINEを通して、余すことなく話しています。

今なら限定で、電子書籍もプレゼントしています。

 

⇒電子書籍「人生を拡大する読書法」を無料で読んでみる

 

もし、今回の記事が役に立った!と思ったら

あなたのSNSでシェアして頂けると嬉しいです。

(下記のボタンから簡単にシェアできます)

 

僕があっという間に速読を習得することができた秘密は、下記の電子書籍で公開中

コロナウイルスから学んだ情報弱者を脱するための方法前のページ

自己啓発本が嫌いなのはなぜか?次のページ

関連記事

  1. 読書マインド

    読書初心者必見!やりがちな”間違った読書”とは?

    どうも、神山ケイです。読書を始めたばかりのころは、…

  2. 読書日記

    読書を省エネにしよう!○○読書法

    どうも、神山ケイです。今回は、読書前にササッと行う…

  3. 読書マインド

    他人の思考をハックしろ!!

    どうも、神山ケイです。読書のメリットの一つとして、…

  4. 読書マインド

    BGMが向いている人と効果的な読書BGMの条件

    どうも、神山ケイです。本を読むときに、意外にもBG…

  5. 速読入門

    【速読を学んだことがない人へ】知らないと損?!速読の効果3選

    どうも、神山ケイです。今回は、普段の読書ではなく速…

  6. 読書マインド

    【閲覧注意】読書をしないと生きていけない話

    どうも、神山ケイです。今日は、読書に関係したシビアな話です。&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ゼロから速読を習得したプロセスを話しています

電子書籍「人生を拡大する読書法」

 

僕がなぜ速読を学び、
読書ライフや人生がどう変わったのか?
速読を習得する上で大切なこと、
すぐに読書スピードを倍にする速読法など

 

 

僕が読書経験ほぼゼロの状態から、
速読を習得したプロセスを書いています。

 

 

速読学びたいけど、何をしたらいいか分からない!とか
効果のある方法で学びたい!という方は
ぜひ、読んでみてください。

 

⇒無料で電子書籍を読んでみる

 

 

オススメ記事

  1. 読書日記

    文法と接続詞を速読に応用してみた
  2. 書評

    【書評】破天荒フェニックス 経営者はなにを考えているのか
  3. 書評

    「アイデアの作り方」から学ぶ、後天的に天才になる方法
  4. 読書マインド

    本を速くゆっくり読む精読
  5. 未分類

    なぜ、本を買うと読まなくなってしまうのか?
PAGE TOP