読書マインド

あなたにとって読書とはなんですか?

どうも、神山ケイです。

 

今回のテーマは、あなたの読書観に関する話です。

 

 

「読書観」という聞き慣れない言葉を使いましたが、

要は「あなたにとって読書とは何か?」を考えてみた欲しいのです。

 

 

例えば、哲学や経済学などの学問では

まず始めに、その学問とはなんなのか?どうしてそれを学ぶのか?

という抽象的な概念から入り

そのあとに、具体的な枝葉の話に入っていきます。

 

 

抽象的な概念を把握することで、物事の全体像がわかるので

そこから具体的な人や事柄を学んでいくほうが効率が良いし

知識としての定着率がいいからです。

 

 

しかし、読書をしている人の中で

「読書とは何か?」

を自分の中で明確に定義づけて本を読んでいる人はほとんどいません。

 

 

 

しっかりとした万人に共通する定義づけがされているなら

ここで今すぐにでもお教えするのですが、それはできないんです。

 

 

 

それは一人一人、

「読書とは何か?」という定義が違ってくるからであり

なんのための本を読んでいくかによっても左右されます。

 

 

もし、読書に対する定義づけを持っていないのなら

この記事は非常に大きな影響力があります。

 

 

例えば、NHKのプロフェッショナルという番組では

「あなたにとって仕事とは?」

という事を取材している人に質問していきます。

 

 

 

実は、この質問は大きな意味をもっていて

その人の核心にあるコンセプトを引き出しているのです。

 

 

 

ちなみにコンセプトとは、その人が行動するためのエネルギーの源泉のことで

強いコンセプトをもっている人はモチベーションに困らず、

目標もブレることなく、行動し続けることができます。

 

 

 

逆に、コンセプトを持っていない人は、中々行動に移すことができません。

目標がぶれてしまって、人生が豊かになっていきづらいです。

 

 

読書も同じで、自分なりのコンセプトを固める必要があります。

 

 

 

あなたにとって読書とは?

 

あなたが読書をする上でのコンセプトを決めなければ

読書をする動機が生まれにくいです。

 

 

 

1日10冊どころか、1日1冊も読めないし

本を開くことが億劫になってしまうかもしれないです。

 

 

僕は、あなたに生涯にわたって読書を続けていってもらいたいし

そんな気持ちでこのメディアを作成しています。

 

 

たまーに読むとか、気が向いたときの読むというのも良いかも知れないですが

知識人になるためには。人生を拡大していくには、読書量としては物足りないです。

 

 

やっぱり読書は毎日続けていき、

もっと読書によって魅力的な人間になってもらいたいし

僕もそういう人でありたいと思います。

 

 

そうなると、重要なのが

「あなたにとって読書とは?」という質問の答えです。

 

 

僕にとって読書とは

『魅力を高めて、人生を拡大していくもの』ですが

人によって違うし、あなたにとっての読書も違ってくるでしょう。

 

 

なので、冒頭でも言いましたが

僕が決めてあげることはできません。

自分の手で「読書とは何か?」を決めてみてください。

 

 

・なぜ読書をするのか?

・読書とは何なのか?

・読書をして、どうなりたいのか?

 

これを一言で表せる言葉(コンセプト)を決めましょう。

 

 

見つけるのは大変です。

でも焦って見つけるようなものでもないし、

探し回って見つけるものでもありません。

 

 

一番良いのは読書と続けながら

自分にとってのコンセプトを見つけていくことだと思います。

じっくりとでいいので、自分なりの答えを探してみてくださいね。

 

 

 

ではでは~

 

速読で知識を操りながら人生を拡大しませんか?

僕は、「速読を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、知識も教養もほぼゼロ。

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で学び始めたのが、速読でした。

 

速読を学んだことで読書をするようになり、

こんな僕でも、たくさんの本を読むことを通して、

 

多くの価値観に触れることができたし、

今では、その経験を活かして情報発信をしています。

 

単に速く読むだけの速読には意味はなく、

読書の効果を最大化しつつ人生に活かすことに意味があり

それが、僕が速読をしている理由です。

 

僕が目指すのは、単に本が速く読めるようになっただけの速読で

薄い読書をするような人間ではなく、

 

本から最大限の学びを吸収しながら、知識を操り、自分の魅力を高めて、

圧倒的スピードで成長していける人間です。

 

だから、本を速く読めるようになることはあくまでも通過点に過ぎません。

 

知的好奇心のままに本を読み、

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界を

一緒に目指していきたいと思います。

速読で知識を操りながら人生の拡大を目指す、神山ケイの理念

 

僕がどのように速読に取り組み、

どうやってゼロからスキルを磨くことができたのか、

 

ほぼほぼ訓練なしで、あっという間に速読を習得できた秘密などを

限定メルマガorLINEを通して、余すことなく話しています。

今なら限定で、電子書籍もプレゼントしています。

 

⇒電子書籍「人生を拡大する読書法」を無料で読んでみる

 

もし、今回の記事が役に立った!と思ったら

あなたのSNSでシェアして頂けると嬉しいです。

(下記のボタンから簡単にシェアできます)

 

僕があっという間に速読を習得することができた秘密は、下記の電子書籍で公開中

【自己啓発】最強の成功法則前のページ

あなたは右脳派?それとも左脳派?次のページ

関連記事

  1. 読書マインド

    どうしても読書する時間がない人のための読書法

    どうも、神山ケイです。僕は今でこそ、たくさんの本を読めるようになり…

  2. 速読入門

    本嫌いがゼロから速読ができるまでのモチベの保ち方

    どうも、神山ケイです。多くの人が、読書ができない続かない、速読を学…

  3. 読書マインド

    1日1冊読書は実際にどうなの?? その効果についてまとめてみた

    どうも、神山ケイです。最近、長期の休みがあったので…

  4. 読書マインド

    自己啓発本が嫌いなのはなぜか?

    どうも、神山ケイです。「自己啓発本は、あまり好きで…

  5. 読書日記

    読書の効果を上げるワンポイントテクニック

    どうも、神山ケイです。読書をするときには、どういう…

  6. 読書日記

    読書が好きになるためのマインドセット

    どうも、神山ケイです。あなたは「快適な読書ライフ」と言われたときに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

速読記録

1日20冊読破!!

(読破したときの写真です)

 

 

>>詳しくはこちらから<<

ブログランキング1位!!

ブログランキング1位になりました!!

 

いつもありがとうございます^ ^

 

オススメ記事

  1. 未分類

    【凡人で終わらないために】みんなが気付かない速読の秘密とは?
  2. 未分類

    速読のホントの意味と速読ができる人の価値
  3. 速読入門

    【みんなが意外と知らない】本を読む人読まない人の明確な違いを3つ紹介!
  4. 読書マインド

    【三日坊主の人は必見】読書を習慣化するコツ
  5. 速読入門

    【賛否両論?!】多読が良いのか精読が良いのか論とオススメの読書法
PAGE TOP