読書マインド

速読でビジネス書の読み方を考えてみる

どうも、神山ケイです。

 

ビジネス書とか理論書とかは難しい・・・

と思っている人は意外に多いです。

 

確かに小説と違って速く読むだけでなく、

内容を捉えようということの重要性が上がるので

なんだかハードルが高い感じがしないこともないです。

 

よく小説を普段読んでいる人に多いのが、

ビジネス書や理論書になると

繰り返して読んだり、ゆっくり読まないと内容についていけなくなる。

 

さらにそこから速く読みながら、しっかりとその内容を理解して

知識として蓄えることができること

に疑問を持つ人も少なくないでしょう。

 

 

実際には、ビジネス書や理論書で大事な部分が絞られてくるので

個人的には小説なんかよりは

読みやすいし、何より速読しやすいと思います。

ビジネス書を読むのに活きる速読

ビジネス書は大事なポイントを押さえていけば

スラスラと読めるものが多いので、

速読を学べば、最も効果を発揮する分野でもあります。

 

ちなみに、これは、速読をする上では前提となる事実なのですが、

速読は一度読んだ文字を一瞬で記憶できるような

魔法のようなスキルではありません。

 

巷では、一瞬で本を読んでしまった!なんていう謳い文句がありますが

そもそもどんな本を読んだのか分かりません。

 

一度読んだ本をそう見せているだけの可能性だってあるし

絵本のように簡単な本かも知れないです。

 

いずれにせよ、哲学書などの難しい本で

速読をするのはそれ相応の訓練が必要です。

 

そもそも速読とは、シンプルに

「文字を処理する」という能力を高めるモノです。

 

 

つまり、意味を理解して、

さらには知識を吸収するには、それなりの労力が必要不可欠なんです。

 

中には本当に一瞬で本の内容を写真のようにして

覚えてしまうような天才もいますが

世界的に見ても少数だし、少なくとも僕は違います。

 

ただ同時に速読は立派なスキルなので

誰にでも習得することができるし

骨をおるようにして学ばないといけない・・・という難しいものでもないです。

 

 

速読のテクニックについて少し話しますが、

僕が速読をするときは、

一発ですべてを覚えることは不可能なので、

まずは、30分とかそれくらいで本を読み切ります。

 

 

そのときに、5割理解していれば、

2周目で8割ほどには持ってくることができるし、

しかも2週目だから1週目の時間よりも短くて済みます。

 

1週目が3割程度でも、2周3周・・・

と繰り返せばより理解できるし、知識として落とし込むこともできます。

 

なので、僕としては

”ゆっくり読んだり、読み返して、1回で読み切る”

というのをいったん辞めて

 

”1回全部読み切ってから2周する!”

という気持ちを持てば、

ビジネス書や理論書でも速読ができるようになると思います。

 

言葉で伝えるのは簡単なのですが

これを実践するとなるとかなり難しい事がわかると思います。

 

速読では「とにかく止まらない」というのが大事です。

スピード感を持ちながら、

わからないところは2周目以降に任せるイメージで読んでいってみてください。

 

今回は速読の核になる部分を話しました。

メルマガ内ではもっと丁寧に解説をしたり

速読を習得するための具体的な方法論を話しているのでぜひ。

 

速読で知識を操りながら人生を拡大しませんか?

僕は、「速読を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、知識も教養もほぼゼロ。


情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で学び始めたのが、速読でした。

 

速読を学んだことで読書をするようになり、

こんな僕でも、たくさんの本を読むことを通して、

 

多くの価値観に触れることができたし、

今では、その経験を活かして情報発信をしています。

 

単に速く読むだけの速読には意味はなく、

読書の効果を最大化しつつ人生に活かすことに意味があり

それが、僕が速読をしている理由です。

 

僕が目指すのは、単に本が速く読めるようになっただけの速読で

薄い読書をするような人間ではなく、

 

本から最大限の学びを吸収しながら、知識を操り、自分の魅力を高めて、

圧倒的スピードで成長していける人間です。

 

だから、本を速く読めるようになることはあくまでも通過点に過ぎません。

 

知的好奇心のままに本を読み、

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界を

一緒に目指していきたいと思います。

速読で知識を操りながら人生の拡大を目指す、神山ケイの理念

 

僕がどのように速読に取り組み、

どうやってゼロからスキルを磨くことができたのか、

 

ほぼほぼ訓練なしで、あっという間に速読を習得できた秘密などを

限定メルマガorLINEを通して、余すことなく話しています。

今なら限定で、電子書籍もプレゼントしています。

 

⇒電子書籍「人生を拡大する読書法」を無料で読んでみる

 

もし、今回の記事が役に立った!と思ったら

あなたのSNSでシェアして頂けると嬉しいです。

(下記のボタンから簡単にシェアできます)

 

僕があっという間に速読を習得することができた秘密は、下記の電子書籍で公開中

【公開】最も良い読書環境の条件前のページ

速読は本を選ぶ段階で始まっているという事実次のページ

関連記事

  1. 読書マインド

    速読のマインドセット:本を読むほどスピードが増す

    どうも、神山ケイです。速読のスキルですが、実は筋トレと似ています。…

  2. 読書マインド

    生涯にわたって本を長ーーーく読む秘訣

    どうも、神山ケイです。読書が習慣になっていたり、…

  3. 速読入門

    【みんなが意外と知らない】本を読む人読まない人の明確な違いを3つ紹介!

    どうも、神山ケイです。本を読む人読まない人の差はあ…

  4. 読書マインド

    読書を制する者は、人生を制す

    どうも、神山ケイです。最近、ライフデザイン関連の本…

  5. 読書マインド

    センスは読書で磨け!!

    どうも、神山ケイです。センスが良いとか悪いとか言わ…

  6. 読書マインド

    社会人こそ読書をするべきワケと読書を日常にする方法

    どうも、神山ケイです。読書が良いことなのはなんとな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ゼロから速読を習得したプロセスを話しています

電子書籍「人生を拡大する読書法」

 

僕がなぜ速読を学び、
読書ライフや人生がどう変わったのか?
速読を習得する上で大切なこと、
すぐに読書スピードを倍にする速読法など

 

 

僕が読書経験ほぼゼロの状態から、
速読を習得したプロセスを書いています。

 

 

速読学びたいけど、何をしたらいいか分からない!とか
効果のある方法で学びたい!という方は
ぜひ、読んでみてください。

 

⇒無料で電子書籍を読んでみる

 

 

オススメ記事

  1. 読書日記

    積ん読を辞めて、本当にタメになる読書をするために
  2. 読書マインド

    社会人こそ読書をするべきワケと読書を日常にする方法
  3. 読書日記

    読書をするためのモチベーション管理法3選
  4. 読書マインド

    速読でビジネス書の読み方を考えてみる
  5. 読書マインド

    速読教室の真実とは??
PAGE TOP