書評

「バカと付き合うな」が結構な良書だったのでレビューしてみた

どうも、神山ケイです。

書店で見かけたので、「バカと付き合うな」を読んできました。

 

お笑い芸人のキングコング西野亮廣さんと

ホリエモンこと堀江貴文の共著っていうことで話題になってますね。

やはり時代の革命児的な位置づけのふたりだから内容的にも説得力があるし

本屋さんの店頭にも山積みになって並んでいます。

 

 

ちなみに、成功するためには自己啓発本を読む必要があると僕は考えています。

もちろん、自己啓発本だけでなく他ジャンルの本(小説、文学書、歴史書・・・)もたくさん読んで

教養を身につけようとしています。

 

 

 

特に、自己啓発本は使い方次第ではかなりの良書になったりします。

自分の人生のバイブルとして大きな力を発揮してくれるでしょう。

 

 

逆に使い方を間違ってしまうと、せっかく本を読んだのになんにも変化起きない

むしろ時間の無駄になった、

最悪のケースだと読書が嫌いになった、という事態になりかねません。

 

 

せっかく読書をしているのに身にならないのはもったいないし、

そんな風に考える人を減らしていくのが僕が情報発信をしている意味だったりします。

 

 

ちょっと余談が多くなりましたが、

今回の本はタイトル通り、ひたすら二人が考える「バカ」について書かれています。

かなり読みやすく自分の人間関係に置き換えて考えやすい内容になっています。

 

 

実践することとしては、

ここで学んだ人とは極力接触をさけるようにするというのが王道だと思います。

もしくは、自分がそれに該当していると思ったら速攻で修正していく必要があると思います。

僕は決してこの本の信者ではないです。笑

 

 

 

が、この本は結構的を射ているというか

「こんな人間いるわー」と思わず感じさせてくれます。

あとは、二人の対談形式ではなく二人が別々に書くことによって

バカについて様々な角度から捉えられる1冊でした。

 

 

 

 

周りを魅力的な人達でいっぱいにする

 

僕ら日本人の国民性としてシャイでおとなしいという点が上げられると思います。

一方で協調性が高い部分がありますが、一番の欠点なのは「人に流されやすい」ということです。

 

出る杭は打たれるという言葉に集約されているように、

僕ら日本人は、「周りと一緒でないと不安だ」という気持ちを持つ人が多い傾向にあります。

 

 

今、あなたの周りにいたり、いつも一緒にいたりする人達を5人ほどを考えてみてください。

 

 

 

・・・考えてみましたか?

 

 

 

なんで、こんなことをさせたのかというと、

あなたの人生に大きな影響を与えてくれる人達だからです。

 

 

たとえば、向上心があって何事にも頑張っている、

やるべきことはキチンとこなしてくれる、約束は必ず守る・・・などなど

魅力的な人達であれば、少なからず良い影響を与えてくれます。

 

 

 

 

逆に、ダラダラしていてなんにもしない、

いつでも口だけで行動には全く移さない、時間にすごくルーズだ・・・などなど

魅力がない人達であれば、あなたの魅力は上がることはないでしょう。

 

 

 

要は、周りに魅力的な人達がたくさんいる状況を作り出すことです。

そのためには当然ながらまず自分が変わる必要があるし、どんな人と過ごすのかが重要です。

 

 

 

 

そのための指針の一つになってくれるのが、今回の本です。

・やたらと人と同じ事にこだわる人

・学校を完全に妄信している人

・・・・・

 

 

 

色々な悪いバカが出てきます。

まずは、これらを反面教師として自分を変えていくこと。

自分を変えれば、少しづつ少しづつ周りの人間関係も変わってきます。

 

 

一方で、良いバカもいます。

それは、

「やりたいことの有無にかかわらず、行動できる人」

です。

 

 

行動していない人に成功している人はいません。

著者のお二人に限らず成功している人はすべからくみんな行動しています。

特にそれが、やりたいことならなおさらです。

 

 

 

堀江さんは、行動しないやつは存在しないのと同じということまで言っています。笑

それだけ行動する人が少ないからなのかなーと。

 

失敗なんか、周りの声なんか気にしなくていい。

やりたいと思ったことをドンドンしていくべき!

 

                           

これがお二方が一番言いたいメッセージだと感じました。

二人の人生と重なる点がたくさんあって、かなりの熱量があるメッセージですね。

僕はほとんど納得できて、読んでいて意識も高まる1冊でした。

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 書評

    【感想】夢を叶えるゾウ

    どうも、神山ケイです。今回…

  2. 書評

    レバレッジリーディングが素晴らしかったのでレビューしてみた話

    どうも、神山ケイです。最近、書店で「レバレッジリーディング」という…

  3. 書評

    【書評】 お金2.0

    どうも、神山ケイです。今回はお金2.0という本の書評をして…

  4. 書評

    『嫌われる勇気』を読んで人間関係シンプルになった話

    どうも、神山ケイです。今回は、嫌われる勇気のレビューについ…

  5. 書評

    「ユダヤ人大富豪の教え」を大事なところだけまとめてみた件

    どうも、神山ケイです。今回は、「ユダヤ人大富豪の教え」を読んでみた…

  6. 書評

    「学問のすすめ」は意外と学問をすすめてこない

    どうも、神山ケイです。先日、福沢諭吉の学問のすすめを読んでみました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書日記

    読書はスタミナ勝負だ!
  2. 書評

    『嫌われる勇気』を読んで人間関係シンプルになった話
  3. 書評

    速読は無意味?熱い読書観が語られる!『読書という荒野』のレビュー
  4. 読書マインド

    他人の思考をハックしろ!!
  5. 書評

    チーズはどこに消えたに学ぶ「変化とは○○である」
PAGE TOP