書評

経営者になるためのノート

どうも、神山ケイです。

今回は、ユニクロ社長である柳井正さんが書かれた

「経営者になるためのノート」の感想を書いていきます。

この本はビジネス書なのですが、経営の本質とエッセンスが凝縮されていて

読んでいても面白くかなりタメになる本です。

 

経営者はもちろんのこと、全てのビジネスパーソンにオススメできるし、

特に若い方であれば、絶対にみてほしい、

かなり心に刺さる1冊だと思います。

 

 

経営者になるためのノートの大きな特徴

 

元々この本はユニクロの幹部にだけ配布されていたもので

いわば「極秘資料」でした。

この本を真っ黒にした人ほど自分の仕事が上手くいくようになり、

出世して行ったとも言われています。

 

そして、この本の特徴は、「自分で作り上げるスタイル」ということです。

テキストが書かれたノート形式になっていて

余白が多くあって、本のカバーを取ってみると、自分の名前を書く欄もあります。

 

これで普通の本とどんな違いが出てくるのか?と思ったのですが

多くの人がメモをしやすい構成になので、

アウトプットしやすいし、行動を起こしやすい本になっていると思います。

 

そんじゃそこらの自己啓発本を100冊読むよりはこの本を読んだ方がいいです。

 

書店には所狭しと自己啓発本が並べられているし、

確かに、多くの本が素晴らしいこと言っているのは間違い無いですが、

しかし、成功する人はごく一部だし読んだ人、みんなが成功するわけではありません。

 

なんで、こんなことが起こるのか?

それは、多くの人が読書が血肉になっていないから

つまり、アウトプットや行動ができていないからです。

 

僕もこの記事はアウトプットしようと思って書いているし、その他の書評も同じです。

 

いくら本を読んでも定期的にでも知識を吐き出していかないと

自分のものになりませんし、アウトプットして気づくことも多くあります。

 

本書では、経営との向き合い方、お客さんとの向き合い方はもちろんのこと

読書との向き合い方も書かれていますし、

まさに最高レベルの1冊ですね。

 

 

経営者になるための4つの力

 

本書では経営者とは、「成果を上げる人」つまり、約束したことも守る人であり、

「会社の使命と成果が結びついていること」が経営の鉄則である。

と書かれています。

 

確かに経営者には必要な能力ですが、個人レベルで考えると

これは全ての社会人に必要な力だと思います。

 

大人になってくると、大きな目標を立ててそこに向かって邁進し続ける人は

ほとんどいなくなってくるし、自分の中で使命感を持って仕事をする人は少ない印象です。

 

特に何も設定せずに、ただなんとなく仕事をしているだけでは、

社会人として失格だと思ったし、自分が経営者だったらどうするのか?

を考えることは非常に意味があると感じました。

 

さらに本書では、経営者に必要な力として4つの力が挙げられています。

・変革する力
・儲ける力
・チームを作る力
・理想を追求する力

 

詳しい内容については、本書をぜひ手にとって読んでもらいたいのですが、

共通していることは、「綺麗事が一切書かれていないこと」です。

 

よくビジネス書や自己啓発本でありがちなのが、

多くの人に役立つことをしよう、社会貢献しよう、自分のやりたいことをしよう、

と言った抽象的な内容に走ってしまうパターンです。

 

言いたいことはわかるけど、なんだか薄いな。。。と思ってしまうことが多い。

 

しかし、この本は、そういった無駄がほとんどありません。

 

 

ユニクロという大手企業を形作ってきた経験と思考が詰め込まれているので、

事業を成功させる、大きくする、満足してもらうための

超本質的なことが書かれています。

 

誰よりも現実を正しく見据えていて、

お客さんを満足させるため、社会にこれでもか!と貢献するようなマインドセットが

散りばめられているので、

経営者ではない僕らが読んでも、自分の生活がレベルアップはずです。

 

本書には、自分を分析して行ったり反省するためのワークがあるので

そこを埋めながら、何度でも繰り返し読んでいきたいし、

まさにビジネスをするための最高のバイブルだと思います。

 

 

経営者になるためのノート:まとめ

 

今回は、「経営者になるためのノート」の感想を書いていきました。

この本には、ユニクロをビッグカンパニーにしてきた柳井正さんが、

今までの経験や自らの思考を散りばめた本で、経営の本質がズバッと書かれています。

 

社会人として働いている人はもちろんのこと、学生にも響くような内容なので

ぜひ買ってみて、何度でも読み返してみるといいと思います。

 

僕も定期的に読み直して、実践していきながら、自分の血肉にしたいと思います。

 

速読で知識を操りながら人生を拡大しませんか?

僕は、「速読を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、知識も教養もほぼゼロ。


情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で学び始めたのが、速読でした。

 

速読を学んだことで読書をするようになり、

こんな僕でも、たくさんの本を読むことを通して、

 

多くの価値観に触れることができたし、

今では、その経験を活かして情報発信をしています。

 

単に速く読むだけの速読には意味はなく、

読書の効果を最大化しつつ人生に活かすことに意味があり

それが、僕が速読をしている理由です。

 

僕が目指すのは、単に本が速く読めるようになっただけの速読で

薄い読書をするような人間ではなく、

 

本から最大限の学びを吸収しながら、知識を操り、自分の魅力を高めて、

圧倒的スピードで成長していける人間です。

 

だから、本を速く読めるようになることはあくまでも通過点に過ぎません。

 

知的好奇心のままに本を読み、

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界を

一緒に目指していきたいと思います。

速読で知識を操りながら人生の拡大を目指す、神山ケイの理念

 

僕がどのように速読に取り組み、

どうやってゼロからスキルを磨くことができたのか、

 

ほぼほぼ訓練なしで、あっという間に速読を習得できた秘密などを

限定メルマガorLINEを通して、余すことなく話しています。

今なら限定で、電子書籍もプレゼントしています。

 

⇒電子書籍「人生を拡大する読書法」を無料で読んでみる

 

もし、今回の記事が役に立った!と思ったら

あなたのSNSでシェアして頂けると嬉しいです。

(下記のボタンから簡単にシェアできます)

 

僕があっという間に速読を習得することができた秘密は、下記の電子書籍で公開中

モチベが爆上がりする「GACKTの勝ち方」の書評と感想前のページ

ピーターティールの「ZERO to ONE」要約と感想次のページ

関連記事

  1. 書評

    【感想】夢を叶えるゾウ

    どうも、神山ケイです。今回…

  2. 書評

    是非、心のエナジードリンクに!「覚悟の磨き方」のレビュー

    どうも、神山ケイです池田貴将さんの著書、「覚悟の磨き方」を…

  3. 書評

    「反応しない練習」でメンタルがスゴく安定したのでレビューしてみた件

    どうも、神山ケイです。最近読んだ本に「反応しない練…

  4. 書評

    サンテグジュペリ作「星の王子さま」を読んで学んだ2つのこと

    どうも、神山ケイです。この間、星の王子様という本を…

  5. 書評

    チーズはどこに消えたに学ぶ「変化とは○○である」

    どうも、神山ケイです。先日、スペンサー・ジョンソン氏の「チーズはど…

  6. 書評

    速読は無意味?熱い読書観が語られる!『読書という荒野』のレビュー

    どうも、神山ケイです。最近、「読書という荒野」を読…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ゼロから速読を習得したプロセスを話しています

電子書籍「人生を拡大する読書法」

 

僕がなぜ速読を学び、
読書ライフや人生がどう変わったのか?
速読を習得する上で大切なこと、
すぐに読書スピードを倍にする速読法など

 

 

僕が読書経験ほぼゼロの状態から、
速読を習得したプロセスを書いています。

 

 

速読学びたいけど、何をしたらいいか分からない!とか
効果のある方法で学びたい!という方は
ぜひ、読んでみてください。

 

⇒無料で電子書籍を読んでみる

 

 

オススメ記事

  1. 読書マインド

    意外な読書の効果3選
  2. 速読入門

    読書が遅い人の特徴と今日からできる改善策とは?
  3. 速読入門

    効率の良い「読書」と「筋トレ」論
  4. 速読入門

    速読が夢を叶えるワケとは?
  5. 速読入門

    【速読の効果】速読は本当に資格試験に役に立つのか?
PAGE TOP