書評

【書評】レバレッジリーディングとは?

どうも、神山ケイです。

最近、書店で「レバレッジリーディング」という本を見かけて気になったので早速読んできました。

 

本田直人さんという一流のビジネスパーソンの方が書かれた本で、内容的には

「速読」<「多読」という主張で話されているんですが

読書に対する考え方はかなり核心をついている部分があったと思うので紹介していきます。

 

 

読書=勝てる投資活動

 

この本では読書の価値は100倍になってかえってくると言っています。

本1冊を読むことでその本がもたらしてくれる知識が

本の値段の100倍になって返ってくるということです。

 

 

具体的に言えば、

ビジネス書の場合、本1冊の値段は1500円~2000円ほどなので

1冊読めば150×100=15000円以上は儲けることができるという話です。

 

彼は読書=投資と考えていて、会社員として働きながらも1日1冊はビジネス書を読んでいるそうです。

しかも、勝てる確率がほとんど担保されている投資とも言っています。

 

 

僕はこの考え方には大賛成なんです。

 

 

本を読むということは知識を蓄えるということです。

大前提として知識は一生消えることがないし、知識がないと新たなアイデアが生まれることもないです。

その知識をたくわえるのに「読書」は文字どおり”最強の手段”です。

 

 

・ビジネス

・恋愛

・歴史

・料理・・・・

すべてにおいて知識を蓄えておくことは必要であり、

前もって知識を十分に持っていると、成果が段違いになるのはわかるかと思います。

 

 

知っているか知らないか?という観点から考えると、知識をえること

つまり読書をすることが100倍の利益になって返ってくるということも納得なのではないでしょうか?

 

 

100倍になってかえってくるなら、喜んでお金を使うし、

身を切って本を買うことによって「やってやるぞ!」というモチベーションUPにも繋がると思います。

たった1500円でその人の経験や失敗例、成功例・・・を効率よく学ぶ事ができるので

これらを人生に反映すれば、一気に人生が豊かになることは間違いないと思います。

 

 

多読と速読の共通点

 

本の中では多読のことがたくさん書かれていますが、そもそも多読と端的に言うと

「1から10まで全部読まない」というものです。

 

本の中にはどうしても読まなくて良い部分があります。

「本を読むのが苦手だ」「本を読むのがつらい」という人は

本をすべて読まなければならないと考えているひとが結構います。

 

 

本はすべて読むモノという概念に囚われてしまって

一言一句丁寧に読み飛ばさずに読んでいくパターンです。

 

 

結論からいうと、これは時間のロスに繋がるので

もったいないなーと思います。

 

僕らが本を読む目的は、その本を通して知識や教養を身につけることです。

だから美味しい部分だけをチョイスして読めば良いし、

あとは捨てても構わないんですよね。

 

 

「全部読まなくて良い」という考え方は読書の核心をついているフレーズだと感じました。

他にも多読について具体的な内容が載っていて実践すれば結構力になると思います。

1冊持っていて損はないですね!

1日20冊の読書を可能にした現実的な「速読法」

僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

以前は、まとめサイトやテレビで流れている薄い情報だけしか話せずに、

周りには「頭が悪い」「常識がない」 というレッテルを貼られ続けていました。

 

そんな僕が、速読法に出会ったことで

たくさんの本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

仕事、コミュニケーション、恋愛など全てにおいて

見違えるほどの成長を遂げることができました。

 

その経験から、才能なんてなくても

自分の知的好奇心の赴くままに本を読めば

誰でも人生を変えることができると本気で思っています。

 

僕は、もっと人間味溢れる魅力的な人になりたいし、

知的好奇心のままに本を読み、知識を操りながら

それぞれが夢や目標を叶えて人生を拡大していける世界

一緒に目指していきたいと思います。

 

僕がどのように速読に取り組み

どのようにゼロからスキルを磨くことができたのか、

その過程を電子書籍にまとめています。

 

難しい言葉はほとんどなく、20分ほどで読めますし、

この書籍に出会ってから「人生が変わった!」と言ってくださる方もいます。

 

⇒”人生を拡大する読書法”を読んでみる

 

サクッと読める内容なので、もし興味があれば読んでみてください。

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

もし、この記事が役に立った!と思われたら

SNSなどでシェアをして頂けると嬉しいです。

【感想】夢を叶えるゾウ前のページ

【書評】 お金2.0次のページ

関連記事

  1. 書評

    「バカと付き合うな」が結構な良書だったのでレビューしてみた

    どうも、神山ケイです。書店で見かけたので、「バカと付き合う…

  2. 書評

    『嫌われる勇気』を読んで人間関係シンプルになった話

    どうも、神山ケイです。今回は、嫌われる勇気のレビューについ…

  3. 書評

    【書評】破天荒フェニックス 経営者はなにを考えているのか

    どうも、神山ケイです。今回は、破天荒フェニックスという本の…

  4. 書評

    チーズはどこに消えたに学ぶ「変化とは○○である」

    どうも、神山ケイです。先日、スペンサー・ジョンソン氏の「チーズはど…

  5. 書評

    「なんでお店が儲からないのか僕が解決する」の大事な所だけをまとめてみたレビュー

    どうも、神山ケイです。今回は、堀江貴文著の「なんでお店が儲…

  6. 書評

    【若者にぜひ読んで欲しい1冊】「死ぬこと以外かすり傷」のレビュー

    どうも、神山ケイです。今回は、「死ぬこと以外かすり傷」のレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

最近の記事

  1. 速読入門

    【賛否両論?!】たくさん本を読むべきか?少ない本をじっくり読むべきか?
  2. 書評

    「学問のすすめ」は意外と学問をすすめてこない
  3. 読書マインド

    社会人こそ読書をするべき!?社会人が本を読まない理由と改善策の話
  4. 読書マインド

    自己啓発本が嫌いなのはなぜか?
  5. 読書日記

    ネットVS本、どっちが優秀な情報源なのか
PAGE TOP