書評

【感想】夢を叶えるゾウ

どうも、神山ケイです。

 

 

今回は、夢を叶える象の感想を書いていきます。

本のタイトルくらいは聞いたことある人も多いかと思います。

僕は、中学生くらいの時に読んだことがありますが、そのときは「いい話だなー」くらいで終わっていたんですけど、

大人になってから読んでみるとまた違った発見ができて面白いです。

 

 

夢を叶えるゾウってどんな本?

 

さえないダメダメサラリーマンの「僕」の前に、インドの神様である「ガネーシャ」が現れます。

成功したいと思っている僕を、なぜか関西弁をしゃべるガネーシャが導いていくというストーリーです。

ガネーシャは課題を課していき、主人公がクリアしながら物語が進んでいきます。

 

 

俗にいう、自己啓発本ですが、これが小説みたいで、おもしろい。読みやすい。

てか、これは小説です、小説。笑



ガネーシャの課題はたくさんあって

誰に言われるわけでもなく、勝手に想像してワクワクしてまうようなんが夢やねん。考え始めたら楽しゅうてとまらんようになるのが夢やねん。

(夢を楽しく想像する)

自分の中に足りんと思うことがあって、そこから何かで埋めようとするんやのうて、自分は十分に満たされている、自分hあ幸せやから、他人の中に足りないことを見つけ、そこに愛を注いでやる。この状態になってこそ、自分が欲しいと思っていた、お金や名声、それらすべてが自然な形で手に入るんや。だってそうやろ?自分らは、お金も、名声も、地位も、名誉も、自分で手に入れる思てるかもしれんけど、ちゃうで。むしろ逆やで。お金は他人がお前にくれるもんやろ。名声は、他人がお前を認めたからくれるもんやろ。全部、他人がお前に与えてくれるもんなんや。

(毎日、感謝する)





ぶっちゃけ、巷にあるような自己啓発本と書いてあることをまとめたような内容でした。

で、ガネーシャが伝えたいことは

行動せんと、夢は叶わんよ

っていうとてもシンプルな答えだと読んでいて感じました。

 

 

僕自身も色々自己啓発本を読んだり、勉強したりするんですけど

結局、やったか、やってないかです。

とにかく本を読んでれば成功するとか聞いたことあるんですが、僕は嘘だと思っています。


 

特に自己啓発本なんて読んだだけで、自分が賢くなった気がします。

これって、ホントに気がしてるだけです。

この気がしてるのが一番危険です。

 

 

本を読むことで、将来の自分への期待値が高まっていくので「なんか、よかったわ~」で多くの人が終わってしまう。

これって、めちゃくちゃもったいないことだと思うんです。

得た知識を生かして実践したり行動したりする事で初めて

自分の感性が磨かれていき、それが自分の糧になります。

 

夢をかなえるゾウの読み方

 

この本には、たくさんの課題があります。

 

・会った人を笑わせる

・まっすぐ帰宅する

・誰か一人のいいところを見つけてほめる     などなど

 

内容は別に難しいモノではないです。

別に全部やれ!って言うわけじゃなくて少しずつでもやっていけたらOKかなーと。

はじめから全部やろうとすると、行動のハードルが爆上がりして、何も出来ないまま終わってしまうので。

なんなら自分ができそうなものから取り組んでみてもいいと思います。

 

 

普通の自己啓発本と違うのは、小説風で読みやすくて、実践しやすいものがほとんどだという事です。

1日の始まりに読んでみて、早速実践してみるというスタンスがオススメで、僕もそうしていました。

本を読んで、実験的にやってみるというサイクルに入ることができたら一気に成長することができます。

 

 

 

だから、はじめから完璧なんて求めずに、

気楽に少しでもいいからとにかく動いていく、やっていく。

「世の中はシンプルなんやねん。やったかやってないかやねん。

小学生でもわかることやと思うけど、行動することでしか、未来は変わらんのや。」

とガネーシャに言われたような本でした。





まだ読んだことない人、ほんとにオススメです。

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 書評

    「バカと付き合うな」が結構な良書だったのでレビューしてみた

    どうも、神山ケイです。書店で見かけたので、「バカと付き合う…

  2. 書評

    【若者にぜひ読んで欲しい1冊】「死ぬこと以外かすり傷」のレビュー

    どうも、神山ケイです。今回は、「死ぬこと以外かすり傷」のレ…

  3. 書評

    チーズはどこに消えたに学ぶ「変化とは○○である」

    どうも、神山ケイです。先日、スペンサー・ジョンソン氏の「チーズはど…

  4. 書評

    速読は無意味?熱い読書観が語られる!『読書という荒野』のレビュー

    どうも、神山ケイです。最近、「読書という荒野」を読…

  5. 書評

    【書評】 お金2.0

    どうも、神山ケイです。今回はお金2.0という本の書評をして…

  6. 書評

    『嫌われる勇気』を読んで人間関係シンプルになった話

    どうも、神山ケイです。今回は、嫌われる勇気のレビューについ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書日記

    読書をするなら知っておきたい、たった一つの真実
  2. 速読入門

    速読の歴史とルーツを紐解いてみた話
  3. 読書マインド

    ”精読スキル”を解説してみた
  4. 読書マインド

    ビジネス書こそ速読に向いているという事実
  5. 読書術

    読書ノートの書き方とメリット
PAGE TOP