読書マインド

日本では読書法の教育が間違っている説

読書法の教育は間違っているかもしれない

 

どうも、神山ケイです。

読書というモノは、あならのこれからの人生において

一生付き合っていくものです。

 

 

しかし、それにも関わらずに、

日本では、読書法について教育していなかったり、

間違った方法を教えています。

 

 

 

その代表格が、

「本は一言一句丁寧に読まなければならない」

という教育です。

 

小学校、中学校と本を読んでいく中で

読んでいない部分、読み飛ばした部分があると

ひどく怒られていました。

 

 

いつしか文章を読み飛ばすことに対して敏感になっていたし、

”文章は全部読まないと理解することができない”

という常識が頭の中に叩き込まれていました。

 

 

アンダーラインを引いたり、要約をしてみたりすることは

速読で内容を掴む上では

必要になってくるスキルかも知れませんが、

 

 

文章を全部読むこと=内容を捉えられる

と考えるのは違うと思います。

 

 

そういった教育の背景もあるからか

僕ら日本人は「本は隅々までキチンと読むモノ」

という常識を持っています。

 

 

僕がその違和感に気付き始めたのは、

速読を学び始めたころです。

 

「本は読み飛ばしても良い」

「速読をする上では、読み飛ばすことが必要」

という概念を学んだことで

 

僕の中の読書に対する考え方が180度変わりました。

 

それがなければ、

今頃ツラい思いをしながら本を読んでいたか

本が嫌いになって読まなくなっていたと思います。

 

 

実は難しい?!「読み飛ばし」

 

ここまでの話を聞いて、

本はすべて読まなくて良いんだ!

という概念を理解してもらえたと思います。

 

 

しかし、慣れないうちは

本を読み飛ばすのは決して簡単なことではないです。

(速読出来ればそうでもないですが)

 

 

試しに、読んだことがない本を1冊用意して

パラパラとめくりながら本を読んでみてください。

 

 

おそらくですが、

本の読んでいない部分に目が行くようになります。

 

 

読まなかった部分が気になって気になって、

しょうがなくなるし

読みたい衝動に駆られると思います。

 

 

 

では、なぜか?

 

それは「もったいない!」という気持ちが先行するからです。

 

 

このザワザワしたような気持ちを抑えて

堂々とした気持ちで本を読んで行くには、

ある程度の訓練が必要になります。

 

 

だから読み飛ばしは、簡単なように見えて難しいんです。

 

 

読書家はどんな風に本を読むか

 

速読がある程度できるようになると

”読み飛ばすことが普通”になります。

 

それは、

たくさん本を読んできているので

読まなくても良い部分がわかるからです。

 

 

例えば、哲学を専攻している人なら

・弁証法

・最大多数の最大幸福

 

のような知識は簡単に感じると思うし、

 

そのことについて書かれた章があれば、

読み飛ばしてもいいと考えます。

 

 

少し気になってもパパッと読むくらいで

ほぼ切り捨てて次に次に進んで行きます。

(今までの自分とは違う観点から開設しているなら読むべきですが)

 

もし一言一句逃さないように読んでいくという常識があれば、

すでに知っている知識について

大量の時間をかけて見直すことになるので

そっちの方が、「もったいない」と思うんです。

 

 

それよりもわかっているところは飛ばして

知らない知識や考え方を自分の中に取り込む方が有意義だし

それが読書をする上での目的だと思います。

 

 

読み飛ばしをするためには、

本をたくさん読んでいく必要があるのはもちろん

速読や精読を学ぶことも有効です。

 

 

とにかく今回の記事で、

「本は読み飛ばしてもいいんだ!」

という概念を理解してみてくださいね。

 

 

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    自己啓発本を手にしたら読んで欲しい、最強の成功法則

    どうも、神山ケイです。前回の記事で紹介したワークはやってみたでしょ…

  2. 読書マインド

    みんなが読書をする理由は○○だった

    どうも、神山ケイです。以前、文化資本についてお話したと思います…

  3. 読書術

    超・簡単に集中力を上げる方法

    どうも、神山ケイです。読書をするときに、どうしても…

  4. 読書マインド

    【必見】読書する人が陥りがちなワナ

    どうも、神山ケイです。読書をしてい…

  5. 読書マインド

    読書のストレスは「楽読」が解決してくれる

    どうも、神山ケイです。読書をする上で、「速読」や「…

  6. 読書マインド

    カフェで読書をするべき3つの理由

    どうも、神山ケイです。読書をする環境というのは、かなり大切です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 速読入門

    速読を習得するためのスゴくシンプルな条件とは?
  2. 読書マインド

    楽しい読書を支える、本のデザイン
  3. 読書日記

    日本という格差社会を生き抜く方法
  4. 読書マインド

    効果的な読書BGMの「選び方」と「条件」をまとめてみた
  5. 書評

    【若者にぜひ読んで欲しい1冊】「死ぬこと以外かすり傷」のレビュー
PAGE TOP