読書術

速読における時間設定の効果とは??

どうも、神山ケイです。

 

今回は少し専門的というか

ある程度本を読んでいて、速読を学んでいる人に向けての記事です。

 

 

もし、

読書をする習慣がついている自信が無い

速読についてよく知らない

速読について学ぶことなんてできるのか?

 

 

という人が入れば、こちらから学べます。

 

 

 

・・・では、

いよいよ本題に入っていきたいと思います。

 

 

速読をするときに

やらなければならない事があって

それが、『時間設定』です。

 

 

時間を決めて速読をしないと

ダラダラと読み続けてしまったり

関係のない所に時間をかけてしまったりするし

 

 

自分がどこまで速く読めるようになったのか

計測することができません。

 

 

できるだけ短い時間で読書をして

本のエッセンスを自分に取り入れていくのが速読なので

 

速読をしよう!と思ったときは

必ず時間設定をしてみてください。

 

 

速読するときは10分でワンセット?

 

速読をするときの方法の一つとして、

10分でワンセットという考え方があります。

 

 

たったの10分でどこまで読むのか?

 

それは、『本1冊分』です。

 

 

こういうとかなりビックリされるのですが、

この方法では、10分で1冊の本を読んでしまいます。

 

 

 

 

「そんなの不可能だ」

と感じた人は、

速読の訓練が足りていないと思うので、

他の方法を試して見てくださいね。

 

 

ただここでいう10分で本を読むというのは、

一字一句読むという事ではないです。

 

 

まずは、10分で

「すべてのページに目を通す」

 

これをやって欲しいんです。

 

 

速読が高いモノであれば、

すべてのページに目を通すだけで

本の内容をある程度理解することができます。

 

 

理解はできなくても、

潜在意識として脳内のデータには蓄積されているはずです。

 

 

2回読む

 

また、10分で1回読むことができたら

もう10分を使ってもう1回読んでみます。

 

1周目の理解が50%だったとしても

(もしくは半分も理解していない状態)

2周することで75%くらいまでには持ってくることも出来ますし

90%に近い理解度も可能です。

 

 

あとは、精読だったりのスキルでカバーすれば問題無いです。

 

とにかくページをめくる

 

時間を決めている速読で意識するべきなのは

時間を気にしながら、とにかくページをめくる

ということです。

 

 

このときに大事なのは、

本をめくる手だけは絶対に止めないことです。

 

 

理解度が間に合わなくても

とにかく速くページをめくっていきます。

 

 

300ページの本であれば、

たったの10分で読もうとすると

1ページに掛けられる時間は、2秒です。

 

 

ここまで来ると人間離れしたような感じになりますが

訓練すれば、普通の人間でも十分に到達できる領域です。

 

 

とにかく時間を見ながら

読み切ってしまう!

ということを意識してください。

 

2周しても理解度がまだ足りないのであれば、

さらにもう1周してみてもいいと思います。

 

 

・・・ここまでで20分で1冊読み終えることが

理論上では可能になりました。

 

 

これが体現できれば、

1時間で3冊読めてしまうので、

8時間で24冊分も読めてしまう計算になります。

 

 

楽読を習得すれば、いくらでも本を読むことができるし

精読を習得すれば、本の理解度を上げることができます。

 

 

これを極めてしまうと、

10分で1冊読んでしまうというもの可能だし

実際にそういう人もいます。

 

 

ぜひ、1日1時間でもいいので

この方法に取り組んでみてください。

 

 

※まだ時間を決めて速読をするのには

ハードルが高いと感じた人は

別の速読法もあるので、そちらにも挑戦してみてくださいね。

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    ”精読スキル”を解説してみた

    精読の目指すところどうも、神山ケイです。今回は…

  2. 速読入門

    速読を習得するためのスゴくシンプルな条件とは?

    どうも、神山ケイです。世間一般には…

  3. 速読脳

    速読をマスターするなら知っておくべき、右脳と左脳の速読術

    どうも、神山ケイです。今回は速読のスキルについて話していくのですが…

  4. 読書マインド

    速読のマインドセット:本を読むほどスピードが増す

    どうも、神山ケイです。速読のスキルですが、実は筋トレと似ています。…

  5. 読書マインド

    最も良い読書環境とはどこなのか?考えてみた

    どうも、神山ケイです。突然ですが、…

  6. 読書術

    誰でも簡単に明日からできる速読法

    どうも、神山ケイです。読書をするときんも、速読をす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 読書術

    超・簡単に集中力を上げる方法
  2. 速読入門

    サヴァンの天才達
  3. 読書マインド

    効果的な読書BGMの「選び方」と「条件」をまとめてみた
  4. 速読入門

    速読の歴史とルーツを紐解いてみた話
  5. 読書マインド

    人生は死ぬまで勉強だから、読書をしよう
PAGE TOP