読書マインド

楽しい読書を支える、本のデザイン

 

いきなりの質問ですが、

あなたは、本をどのように扱っていますか?

 

 

 

部屋に乱雑に積み上げている人

きちんと本棚に収めている人

キレイに飾っている人

読んだ本は思い切って捨てている人

 

 

色んな人がいるはずです。

 

 

僕が思うに、どれが正解で

どれが間違っているということもないです。

 

 

もちろん乱雑に積み上げているのも正解です。

 

 

好きな時に自分の好きな本をすぐに手にできるし、

乱雑になっている本を見ると、ふっと内容を思い出すこともあるでしょう。

 

 

 

また、本をきれいに飾っている人も正解です。

 

 

自分が手に入れた知識を整理している気分で、

ちょっと価値の高い知識を手に入れた気分になれるし、

セルフイメージもあがるでしょう。

 

 

本を捨てている、人にあげている人も正解です。

 

読んだ後は、自分の手に残らないので

1回1回の読書に、より本気になって取り組むことができると思います。

 

 

 

このように、本の使い方は人それぞれでいいですし、

何が正解で何が間違いという言い方はしないです。

 

 

 

ただ、一つ言っておきたいことが

 

『自分にあったデザインを出来ているか??』

 

 

これが非常に重要になってきます。

 

 

1人の作家が書いた世界観が大好きで

その人の本をとにかく読みたいと思っている人が

 

本をキレイに扱うことをせずに

乱雑に積みあげてしまうのはダメだと思うし、

 

 

色んな本を乱読、速読して

雑学や知識を吸収したいという人が

 

わざわざ高いお金を払って本棚を設置するのも

どうなのかなーと思います。

 

 

 

このように、ある程度は自分に合った

本のデザインというものをやってもらいたいなと思います。

 

 

ちなみに僕は基本的に大量の本を乱読したい人なので

どちらかと言えば本は散らかしてしまうタイプです。

 

 

気になった本はすぐに買ってしまうので、

いつの間にか、知らない本が家にあることもあります。

(本当は自分が買ったんですが・・・苦笑)

 

 

でも、知らない本が家にあるのも面白いですよ。

 

 

ここまでの話で、

本の使い方がそのまま読書のデザインに繋がっていることは

わかって頂けたかと思います。

 

 

要は、楽しく本を読んでもらうのが”楽読”であり、

そのための”本の使い方”です。

 

 

 

では、これから自分の本の使い方をデザインするときの

注意点となるモノを3つほど挙げていきます。

 

 

本の管理は出来ているか??

いろんな大きさの本を買っているのに

一つの本棚に無理やり詰め込んでいませんか?

 

 

キレイに整理したいはずなのに

本の高さが無茶苦茶で思わず本を取るのをやめてしまうような状態になっていませんか?

 

 

本の置き方や管理の仕方は人によって違いますが、

「自分にあった管理方法」を試してみてください。

 

 

読む本のテーマがゴチャゴチャしてないか??

 

基本的に、速読をメインにしている人、これからしたいと思っている人は

『乱読』するのがオススメです。

 

ここでは、一つのテーマに絞って読むことが重要です。

 

 

昨日は恋愛小説を読んだのに、

今日は生物学の本を読む・・・

 

 

このような関連性があまりないテーマだと

その分野の知識が入ってきづらくなります。

 

 

 

楽に読書をしたいという考えがあるなら

テーマを絞って読んでみてください。

 

小説なら小説を徹底的に読んでみる

恋愛なら恋愛本を徹底的に読んでみる

自己啓発なら自己啓発、

歴史なら歴史、・・・・

 

 

こうやって、一つのテーマに絞って読んでみると

同じような知識に引っかかることがなくなり

慣れてくるとスラスラと読めてしまいます。

 

 

 

読書する環境は合っているか??

 

最後に読書をするときの環境は最適ですか?

ということです。

 

これには他の記事にも書いているし、

メルマガ内でも詳しく話しているので割愛しますが、

環境は読書効率を大きく上げる要因です。

 

 

ここまで書いてきましたが、

僕が今回あげた3つの例はあくまでも例にすぎません。

 

本を選ぶのも大事ですが、

せっかく選んだその本を

良い環境、良い空間で読むことも同じくらい大事です。

 

 

ぜひ時間をかけていいので、考えてみてくださいね。

きっと読書がもっと楽しくなってくると思います。

 

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    効果的な読書BGMの「選び方」と「条件」をまとめてみた

    どうも、神山ケイです。本を読むときに、意外にもBG…

  2. 読書マインド

    最も良い読書環境とはどこなのか?考えてみた

    どうも、神山ケイです。突然ですが、…

  3. 読書マインド

    意外と見落としがちな「本の選び方」

    どうも、神山ケイです。読書家としての第一歩を踏み出…

  4. 読書マインド

    ビジネス書、理論書が速読できない・・・

    どうも、神山ケイです。ビジネス書とか理論書とかは難…

  5. 読書日記

    読書はスタミナ勝負だ!

    どうも、神山ケイです。読書って、動かないからキツく…

  6. 読書術

    速読における時間設定の効果とは??

    どうも、神山ケイです。今回は少し専門的というか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 書評

    【感想】夢を叶えるゾウ
  2. 速読入門

    サヴァンの天才達
  3. 速読入門

    速読の歴史とルーツを紐解いてみた話
  4. 読書日記

    読書家が陥りやすい罠、あなたは大丈夫?
  5. 読書日記

    本を読むときに一番良い時間って知っていますか??
PAGE TOP