速読入門

サヴァンの天才達

どうも、神山ケイです。

 

突然ですが、
「サヴァン症候群」という病気を聞いたことはありますか?

 

一時期、話題になってこともあるので

知っている人もいると思います。

 

 

 

サヴァン症候群は、1887年に
ジョン・ランドン・ダウンという人によって
報告された病気です。

 

 

彼はある男に対して行った診断で
驚くべき報告をあげました。

 

 

 

その男は、膨大な本を一度読んだだけで
すべてのページの内容を完全に記憶して

 

 

さらには、その内容をまったく逆から読んで見せたそうです。

 

 

このように人間離れした、”驚異的な記憶力”をもつ人は
一方で障害を抱えていました。

 

 

そうした人達をジョン博士は
『イディオ・サヴァン』と名付けました。
これは日本語に訳すと、「白痴の天才」という意味になります。

 

 

 

サヴァンの意味するところは
賢者、知識人、天才、などなどの
知的な意味をもつ言葉になります。

 

 

サヴァン症候群の人は現代でも確認されていて、
1998年に公開された映画「レインマン」のモデルになっている
キム・ピークもその一人です。

 

 

彼は、過去に読んだ9000冊の本の内容を
すべて正確に覚えているという超人です。

 

 

ピークは、普通の人間なら目眩がするような膨大な量の情報を
短時間で完全に記憶して

 

 

それらの情報をインターネットの検索エンジンのように
一寸の狂いもなく取り出すことができたそうです。

9000冊の本の暗記も生後18ヶ月から始めました。

 

さらに驚くべきなのは
彼が本を読むときのスピードの速さです。
その速度は、1ページ当たり8秒~10秒で

 

その速さは、読むというよりは、
ページをめくっているようにしか見えなかったそうです・・・。

 

 

まるでコンピュータに情報を覚えさせるような
ありえない処理の仕方だったという記録が多く残っています。

 

・・・・さて、ここまでの話を聞いて
「イディオ・サヴァン」になりたい!
と思った人もいると思います。

 

僕の正直、この天才的な能力を手に入れたい!と思っていましたが、

残念ながらそれは不可能に近いんです。

 

 

先ほど、チラッと言いましたが
元々イディオ・サヴァンやサヴァン症候群の正体は、
脳の損傷から起きる「障害」です。

 

正常な脳をもっているあたなは
なりたくてもなれない病気なんです。

で、本当に伝えたいのはここからの話です。

 

 

サヴァン症候群が発見されてから数十年の間に
世界中の科学者や研究者が
「人間の脳には誰にも知らないような、キセキともいえる力が存在する」
と、研究に研究を重ねてきました。

 

 

1ページ10秒ほど「見る」だけで
本の内容を完璧にインプットできてしまうような能力は
シンプルに欲しいですよね?

 

 

 

この能力があれば、多くの人が知識人になれるでしょう。

 

 

自分磨きのためにかった分厚いビジネス書
勉強しようと思って買ってみた手つかずの資格取得の本
ちょっと読みたくて買ってみた読み切れていない小説
・・・

 

すべてがまとめて消化することなんて
余裕になります。

しかも内容を完全に把握しながらです。

 

 

これが実現できれば、
誰もが「天才」と言われる人になれるでしょう。

 

 

これを現実のものにしてくれる可能性を秘めているのが
「速読」であり、
この能力もひそかではありますが、研究が進められてきました。

 

 

そしてこれがかなり希少性が高い情報なのですが

 

僕は、大金を払って、速読を教えていただきましたが
その過程で感じたことがあって、
「速読は訓練で習得できる」ということです。

 

 

一見すると、天才的な能力ですが
訓練次第では誰でも習得することが可能です。

 

これを知っている人はほとんどいいないですね。

 

 

さらに速読が出来ればいろんなことに応用が利きます。

 

 

 

資格試験では思うがままに合格することが出来て、
好きな本は好きなだけ読むことができて、
色んなジャンルの知識を蓄えて専門家になることもできます。

 

僕は、大学に通っていますが、
4年間の内容は半年あれば吸収できるのではないかと感じています。

 

ここまで、話してきましたが
あなたは結構スゴいことを学んでいるんですよ?笑

 

 

僕のいくつかの読書法を実践してみて
今では1日10冊以上は読むことができます。

 

 

 

これからも読書は続けるので冊数も伸びてくるし
理解度もほぼ100%で読むことができるでしょう。

 

 

僕は、脳に欠陥があったわけでもないし
特別な能力を持った天才ではないです。

 

 

一つだけ恵まれていたのは、
「正しい方法」で速読を学ぶことができた点です。

 

僕自身も、スキルとしてはまだまだだし
もっともっと人間的な魅力を高めていきたいと思っています。

 

 

そして読書によって人生を拡大していきたいし
そんな読書家を一人でも多く増やしていけるように
活動していきます。

 

一緒に頑張っていきましょう!

今日はこの辺で!
ではでは。

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 速読脳

    パラテクストを完全理解して、読書スピードを上げる

    どうも、神山ケイです。今回は速読を習得して読書をしていくなかで、一…

  2. 速読入門

    読書は本当に、机上の空論なのか?

    どうも、神山ケイです。読書をしない人の中には「…

  3. 速読入門

    【公開】速読の正しいやり方とは?

    どうも、神山ケイです。最近メルマガを運営し始めたの…

  4. 速読入門

    速読を習得するためのスゴくシンプルな条件とは?

    どうも、神山ケイです。世間一般には…

  5. 読書マインド

    速読のマインドセット:本を読むほどスピードが増す

    どうも、神山ケイです。速読のスキルですが、実は筋トレと似ています。…

  6. 速読脳

    右脳型読書と筋トレ論

    どうも、神山ケイです。最近感じることがありまして、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 速読脳

    右脳型読書と筋トレ論
  2. 読書日記

    読書を省エネにしよう!○○読書法
  3. 読書術

    ”本で自分を変える”ノウハウとは??
  4. 読書マインド

    読書をしないと生きていけない!?
  5. 速読入門

    速読を習得するためのスゴくシンプルな条件とは?
PAGE TOP