読書マインド

意外と見落としがちな「本の選び方」

どうも、神山ケイです。

 

読書家としての第一歩を踏み出すときに、

どうしても外せないのが「本の選び方」です。

 

 

というのも最初に選ぶ本によって、

今後の読書生活が大きく左右されるからです。

 

 

例えば、本を読み始めたばかりの人が

「国語辞典」を読み始めたらどうでしょうか??

 

 

国語辞典を読もうというモチベーションの高さは、

評価されてもいいかも知れないですが、

間違いなくその先に待っているのは挫折です。(苦笑)

 

 

 

これをもっと身近なものに落とし込んで考えると

 

いきなり専門用語がたっぷりと使われた専門書とか

難しい言葉が多く入った古文書などを買って

読み始めるのは、ハードルが高すぎます。

 

 

この本選びの段階で間違えてしまうと

その本を読むのが億劫になってしまい、

最悪の場合、読書が嫌いになってしまいかねません。

 

 

僕としては、

読書を楽しみながら成長してもらうのが一番ベストだと思っているので

今回の記事で、無理のない「本の選び方」を学んでほしいと思います。

 

 

 

今回お伝えする方法は、3つのフェーズに分かれています。

1つずつ見てきましょう!

 

 

 

①読みやすい本を選ぶ

まず最初は活字になれていない人に向けてのステップで、

ここで読みやすい本を選ぶというのは、活字に慣れるためです。

 

 

よく読みたいなーと思って開いてみたけど

難しい言い回しや単語ばかりが並んでいることってないですか??

 

その分野の専門家とか時には大学教授が出している場合もあります。

 

正直言って、あれは活字に慣れている人とか上級者向けの本です。

 

 

ある程度、語彙力があって本を読むことにも慣れていて

その分野の前提となる知識とかが入っている人に向けて作られています。

 

 

いきなりステップを吹っ飛ばして

そのような本を読んでもストレスがジリジリと溜まっていくだけです。

 

 

ここで思い切って読みやすい本を選ぶことで

本を開くときや読むときのストレスは激減します。

 

さくさく読めるので1冊にそんな時間をかけなくて済みますし

読み切ることで自分の自信にも繋がったりします。

 

 

具体的には、行間がある程度空いていて

ゆとりのある文字が書かれている本や

あなたの直感で「これは読みやすそうだ!」という本にしてみてください。

 

 

 

コンビニとかに置いてある本とかはオススメです。

というのも、みんなが立ち読みしてもらえるように

キャッチーな本をたくさん並べているからです。

 

 

ページ数に関しても、

普通の本であれば、200pほどなので

それよりも少ないか同等くらいの本を選んだ方が良いかと思います。

 

 

②物語やストーリー仕立ての本を選ぶ

これも読みやすさに関係してくる部分です。

 

物語というのは今も昔も、人の興味を引くように作られています。

 

 

読書を途中で辞めてしまう人の理由の多くが

「途中で興味を失ったから」です。

 

自己啓発本とかビジネス書は

それぞれの項目が独立していて飛ばし読みが簡単にでき

必要な部分だけ読むことができます。

 

 

しかし、そこにストーリーが入ってくると

途中で本を読まなくなることに抵抗感を感じるようになります。

 

 

これを言うと、小説しか読んじゃいけないんですか?

という質問が来そうですが、

そうではないですよ。(^^;)

 

 

 

最近では、ストーリー仕立てでも学びを得られる本が出てきています。

 

「夢を叶えるゾウ」水野敬也

「ザ・コーチ」谷口貴彦

「仕事は楽しいかね?」デイル・ドーテン

 

これらは読み物としても優秀で

内容が物語調になっていることで読者に教訓がより刺さるようになっています。

他にもたくさんあるので、探して読んでみてくださいね。

 

 

 

もし専門書とかを読みたいのであれば、

この段階では入門書を選んだ方がいいです。

 

その分野の全体像を把握してから詳しい話に切り替えた方が

脳への定着度が大きく違ってきます。

 

全体像がないと、どの部分の話をしているのかわからなくなるので

論理展開に頭が追いつかなくなります。

 

こうなってしまうと読書が楽しくなくなってしまうので

まずは、全体像を把握するために「入門書」から手を出してみてください。

 

 

 

③自分の直感で好きになれそうな本を選ぶ

最後のポイントは、

自分がなんなく好きになれる本を選ぶということです。

 

「これ、好きなんだよねー」という認知があるだけでも

読書が楽しいと思い込めます。

(まあ、実際は本当に楽しいんですけどね・・・)

 

 

本を開いてみて、文字の感覚とか行間とか表紙とかを見たり

もしくは、好きな著者さんの本とかを選んで

「この本が読みたい!」と感じた本を読んでみてください。

 

 

以上が、本を選ぶための3つのフェーズです。

 

 

これはお世辞抜きにあなたの読書ライフを変えうる

きっかけを与えてくれる本です。

 

その中から、

あなたの人生のバイブルだって見つけることが出来るし

その本で人生を変わるなんてことも十分にありえます。

 

 

①~③の手順を参考にしながら

自分の読書をよりよいモノにしてみてくださいね。

 

最終的にどんな本を選ぶのかを決めるのは、あなたです。

どのみち、選んだ本は大切にしてほしいなーと思います。

 

 

今回はこの辺で!

ではでは~。

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書日記

    読書量を上げる、超簡単な方法

    どうも、神山ケイです。・もっと読書に時間を割きたい…

  2. 読書マインド

    生涯にわたって本を長ーーーく読む秘訣

    どうも、神山ケイです。読書が習慣になっていたり、…

  3. 読書マインド

    自己啓発本が嫌いな人とその理由を解説してみた

    どうも、神山ケイです。「自己啓発本は、あまり好きで…

  4. 読書マインド

    超少数の読書家だけが知っている ”人生を刺激的で豊かにする法則”

    どうも、神山ケイです。今回は、あなたの人生をより豊かで刺激的なもの…

  5. 読書術

    読み飛ばしの知られざるメリットとは?

    どうも、神山ケイです。あなたは本の”読み飛ばし”に…

  6. 読書マインド

    速読教室の真実とは??

    どうも、神山ケイです。今日は速読について話をしたときに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 速読入門

    速読の基本的な考え方をおさえよう
  2. 速読入門

    速読の歴史とルーツを紐解いてみた話
  3. 読書マインド

    ”精読スキル”を解説してみた
  4. 読書日記

    本好きの子供は本好きになる
  5. 読書マインド

    みんなが読書をする理由は○○だった
PAGE TOP