読書マインド

最も良い読書環境とはどこなのか?考えてみた

どうも、神山ケイです。

 

 

突然ですが、あなたは読書をするなら

 

1,物音ひとつしない静かな場所

2,少し騒がしい場所

3,ものすごく騒がしい場所

 

 

 

どの場所が一番集中できるでしょうか??

 

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

ひとによって、答えは違ってくると思いますが、

科学的には、2の「少し騒がしい場所」がいいといわれています。

 

 

 

とても静かな環境よりも

ある程度、うるさいような環境の方が人は集中しやすいんです。

 

 

 

それはなぜなのかというと

ものすごく静かな場所では自分の出したほんの少しの音で

周りの目が気になってしまうからなんです。

 

 

 

僕の通っている大学の図書館には、物音を立ててはいけない部屋があります。

 

 

 

周りがあまりにも静かなので、そこで読書をしていると

机を蹴ってしまったり、他の人がページをめくる音が気になってしまって

集中力が切れてしまいます。

 

 

 

でも、そこそこうるさいカフェに行ってそれをしても

あまり集中力が切れることはならないと思います。

 

 

 

今のは一例というか、僕の感覚の話ですが

このように「読書をする環境」というのは

集中力にかなり影響しています。

 

 

 

では、読書をするときに

最高の集中力で本をよめる環境をどういう空間なのか?

についてもう少し深く見ていきたいと思います。

 

 

 

静かな環境がダメなわけ

 

さきほどの言いましたが、静かすぎる環境では中々集中できません。

 

 

 

例えば、自分が体制を変えたときの音

つばを飲み込むときの音

「フーッ」とついたため息の音

ページをめくる音

 

・・・・・・

 

 

などなど、もうイヤ!と思うほど音が聞こえてくるようになります。

 

 

でも、この音はそこそこうるさいような環境にいたら

聞こえてこない音なんです。

 

 

僕ら人間は、不快な音、関係のない音は

無意識のうちに聞こえないように脳が処理をしています。

 

 

しかし、静かすぎる場所では不快な音でも

ダイレクトに耳に入ってくるようになるので

気にしていなくても聞こえてしまいます。

 

 

 

「気にしないようにしよう」と思っていても

他の雑音がないので、ストレートに耳に入ってきて

気にしたくないのに聞こえてくるという状況に陥ります。

 

 

 

静かすぎる場所で読書をするというのは

実はこういったリスクがあるんですね。

 

 

 

では、最適な読書環境とはどこなのか??

 

それは「適度に騒がしい場所」です。

 

 

 

適度に騒がしい場所で最高の読書を!

 

快適な読書環境の

結論としては、「適度の騒がしい場所」がベストでしょう。

 

 

少し騒がしい場所は、自分にとって不快な雑音を消してくれます。

なおかつ「快適な音」だけを抽出してくれるので

集中力が大きく上がります。

 

 

 

 

 

僕は、学生なので食堂やカフェにいって読書したり

みんなで集まって勉強したりしています。

 

 

 

 

実は、これって今回の話であれば正解なんです。

 

 

 

僕のオススメは、カフェや公園ですね。

特にカフェは自分のセルフイメージが上がります。

 

 

 

 

「カフェで本を読んでいる自分はカッコいいなー」と思えば

簡単にセルフイメージを上げることができるので

読書にはもってこいですね。笑

 

 

 

 

ただ、カラオケとかクラブとかの

ガヤガヤし過ぎている所はNGですよ。

 

 

家でも本を読める環境をつくりたい!という人は

BGMをかけるのがオススメです。

 

 

それについては、この記事に書いているので是非。

 

効果的な読書BGMの「選び方」と「条件」をまとめてみた

 

 

 

ちなみに僕も、家で本を読むときは読書BGMを流しています。

 

 

 

 

最後に、

大切なのは、騒がしさのバランスです。

 

 

 

これには、個人差がかなりあると思うので、

自分にとっての最高の読書環境を見つけてみてくださいね。

 

 

 

ではでは~

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書マインド

    【必見】読書する人が陥りがちなワナ

    どうも、神山ケイです。読書をしてい…

  2. 読書マインド

    【必見】どうしても読書する時間がない人へ

    どうも、神山ケイです。僕は今でこそ、たくさんの本を読めるようになり…

  3. 読書術

    読書であなたの語彙力リミッターを外す

    どうも、神山ケイです。今回は、とある概念を理解して、あなたの読…

  4. 読書日記

    文法と接続詞を速読に応用してみた

    どうも、神山ケイです。今回は、より本を速く読むため…

  5. 読書術

    ”本で自分を変える”ノウハウとは??

    ※この記事は本を1冊読み終わっている人向けです。どうも、神山ケイで…

  6. 読書マインド

    読書をしないと生きていけない!?

    どうも、神山ケイです。今日は、かなり読書に関係した話です。&n…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. 書評

    【書評】 お金2.0
  2. 読書マインド

    読書をしないと生きていけない!?
  3. 読書日記

    本は楽しく読まないと意味が無い!読書が好きになるには??
  4. 書評

    速読は無意味?熱い読書観が語られる!『読書という荒野』のレビュー
  5. 読書日記

    読書はスタミナ勝負だ!
PAGE TOP