読書術

1回やるだけで、読む本のレベルを上げる読書術

どうも、神山ケイです。

突然ですが、あなたが読んでいる本のレベルはどのくらいですか?

 

本のレベルなんて考えたことがないかも知れないです。

 

 

でも、振り返ってみてください。

自分が小さい頃にどんな本を読んでいましたか??

 

おそらく、大きな絵があって文章と少ない

使われている文章も簡単な言葉やひらがながほとんどでしたよね。

 

 

そして、いま読んでいる本の中身を考えてみてください。

 

 

絵はほとんど入っていないはずです。

文章もたくさんの文字や難しい漢字や単語が使われていると思います。

 

さらには、小学生の頃には理解出来ないような

難易度の高い言い回しなんかも出てきたりします。

 

 

この違いが「本のレベル」なんです。

 

もちろん、大人の世界でも「本のレベル」というものが存在します。

 

 

今回の記事にまとめている「誰でも実践できる方法」

を実行してもらえれば、

 

 

あなたの読書レベルが格段に上がると思います。

 

 

それを見た周りの人は、「○○はいつも難しい本を読んでいるよね」と言ってくるようになるし、

あなたの本棚を見た人は

「自分も真似してこういう本を読んでみよう」という気持ちになってくれるかもしれません。

 

 

なりより、難しい本を読んでいるので、あなたを纏うオーラは知的で

インテリ感を感じさせるものになります。

 

 

会話の中でも、読書で磨き上げられた語彙力を存分に発揮できます

 

あなたの言葉に説得力が増し、誰もがあなたの言葉に耳を傾けてくれるようになります。

 

逆に、この方法を知らない、意識しないと

あなたはいつまでも低い威レベルの本を読み続けることになり

周りから「考えが安い」「思考が浅はかだ」と思われるかもしれません。

 

 

語彙力も中々上がらずに、絵の力に頼ってしまっているので

想像力が養われることもないです。

 

 

大人になって絵本を読んでみるという方はかなり少ないと思いますが、

もしいたとしても、その人の説得力は低いですよね。

 

 

 

で、今回お教えする方法は、「背伸び読書法」です。

 

 

この方法はいたってシンプルで

あなたが難しいと思う本を読んでみるということです。

 

 

極端な例を上げるとすれば

漫画→小説

携帯小説→官能小説

ビジネス雑誌→ビジネス書

・・・・

 

 

しかし、難しい単語とか難しい言い回しとかが頻繁に出てくると

読む気が失せてきますよね。

 

僕も、最初は活字だらけの本を見ただけで、やる気がなくなってしまい

なんだか眠くなってしまうということもしばしばでした。

 

 

でも、この「背伸び読書法」を実践したことで

難しい本を苦にすることなく読めています。

 

 

 

この間も、友達が家に遊びに来たときに僕の本棚にある本をみて

「なんだか難しい本ばっかり読んでるんだなー」と言われました。

個人的には難しい本を読んでいる感覚はほとんどないですが、これもすべて「背伸び読書法」のおかげです。

 

 

今回の読書法も具体的なステップがあるので、これを参考にしてやってみてくださいね。

1,レベルの高い本を見つける

2,1章ずつくらいでも良いので少しづつ読んでみる

3,難しい言い回し、単語はそのたびに調べてみて、とにかく1冊読み切る

 

 

この方法をやる上で、レベルの高い本と低い本を見極める必要があります。

これらの違いはズバリ「読みやすさ」です。

 

 

売れる本であればあるほど、簡潔でわかりやすい文章で書かれています。

売るために書かれている側面もあるので、コピーライティング(セールスライティング)がふんだんに盛り込まれて

多くの人の心に引っかかるような感じで書かれています。

 

 

決してレベルが高い本であると言えません。

 

 

 

 

それに対して、レベルの高い本は「読みにくい」です。

難しい言い回しや単語をそのまま使っていて、内容もガチガチに固まっています。

 

 

そういった本を見つけてみてください。

 

ちなみに、このブログはかなりわかりやすい文章を書くように心がけています。

難しい言い回しや単語があるブログをしたのリンクに張っておくので比較してみて、

レベルの高い本とレベルの低い本のニュアンスを掴んでみてくださいね。

 

→内田樹の研究所 http://blog.tatsuru.com/

 

 

どうでしたか??

 

 

今の例のように

社会的地位の高い人や、自分の考えや思考が固まっている人は

難しい言い回しや単語をそのまま使うことが多いです。

 

 

なんとなく掴んでもらえたんじゃないかなと思います。

 

 

まずは立ち読みでも良いので、本を開いてみてください。

全部読もうとせずに、1章ずつ1単元ずつでもいいです。

 

読んでみたら、必ず難しい言い回しや単語が出てくるので

そのたびに、意味を調べてみてくださいね。

今は片手でできるし、やろうと思えば1分でできます。

 

 

 

以前の記事にも書いていますが、この繰り返しがあなたの語彙力を強化し

あなたの言葉の重みを増していってくれます。

 

 

さて、これで「背伸び読書法」を学んだあなたは、

レベルの高い本にも臆することなく挑戦できるようになりました。

 

 

誰しも最初は、本を読むのが苦手です。

僕もそうで、難しい言い回しや単語が出てきては「意味わかんねー」となって

最終的には本を閉じてしまい、その本は本棚の奥深くにお蔵入りしてしまっていました。

 

 

そんな経験をしている方は少なくないのではないかと思います。

 

 

 

今回の方法で、普段の読書レベルを上げてもらって

知的で魅力的な人間に少しでも近づいてもらいたら幸いです。

 

 

ではではー。

 

=================================

=================================

こんにちは、神山ケイです。

 

「読書を通じて魅力を高め、人生を拡大する」

という理念を掲げて、それを体現する様子を綴っています。

 

もともと僕は小さい頃から本をほとんど読んだことがなく、

知識も教養もほぼゼロでした。

 

情報源はまとめサイトやテレビで流れている情報だけで

周りには「教養がない」「常識がない」というレッテルを貼られ続けていました。

 

「なんとかしないといけない・・・」

その一心で手を出したのが、読書でした。

 

こんな僕でも、本を読むことで多くの価値観に触れることができ、

人として多少は成長することが出来たと思いますし、

これからも成長を続けていくつもりです。

 

 

そして今では、自分を最も高めてくれる読書法が

「速読」であると思っているし、

誰でもやれば習得出来ると確信しています。

 

単にスキルとしてではなく、

”人生に活かすための読書法”として

身につける講座を用意していますので、ぜひ。

人生を拡大する読書法取得講座

関連記事

  1. 読書日記

    読書はスタミナ勝負だ!

    どうも、神山ケイです。読書って、動かないからキツく…

  2. 読書日記

    日本という格差社会を生き抜く方法

    どうも、神山ケイです。僕らの住んでいる日本という国…

  3. 読書マインド

    読書のストレスは「楽読」が解決してくれる

    どうも、神山ケイです。読書をする上で、「速読」や「…

  4. 読書マインド

    自己啓発本を手にしたら読んで欲しい、最強の成功法則

    どうも、神山ケイです。前回の記事で紹介したワークはやってみたでしょ…

  5. 読書術

    ブランド読書法のススメ

    どうも、神山ケイです。読書をするときには、どういう…

  6. 読書マインド

    快適に読書をするためのカフェの3ヶ条

    読書に最適なカフェの条件どうも、神山ケイです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

定期的に更新していますので

Ctrl+D

でお気に入り登録お願いします!

  1. プレゼント企画

    【報告】「人生を拡大する読書法」作ってみました
  2. 速読入門

    速読を習得するためのスゴくシンプルな条件とは?
  3. 読書術

    ”本で自分を変える”ノウハウとは??
  4. 書評

    『嫌われる勇気』を読んで人間関係シンプルになった話
  5. 読書マインド

    あなたにとって読書とはなんですか?
PAGE TOP